FC2ブログ

隣り合わせ

海外
04 /03 2020
撮影時期:2011年12月下旬

今でもまだ走ってるのかな?

PC264552.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

香港島、North Point(北角)駅近くの、春秧街で撮影。
今でもまだ走っているかは不明。
どちらかと言えば、インド系移民?が多い地域に見えました。
地図的にはMTRの北角駅が近いのですが、香港中心地から行く場合は炮台山駅から歩いて方が良いかも。
自家用車で訪れる場合は分かりません。


後記
中国返還後10年過ぎ。
もう、ほとんど中国化していたような気がします。
中国本国にはまだ行ったことないので、「中国化」を具体的に説明することは出来ませんが。

初めて訪れたのが2000年。
その頃から比べると、単に時代が変わっただけでなく、明らかに「香港らしさ」が失われていたような気がします。
日本人の私でさえ「本国から来た中国人」が分かります。
まず、肌の色がちょっと違うんですよね。
香港の人って南方系の人が多いのか、ちょっと肌黒いんです。
それに、本国から来た人はあからさまに「旅行者」然としているのもありましたが。

昨年、民主化運動の大きな騒動がありましたが、どうなったのでしょうか。
実は、私は中国全土が民主化することを大変恐れています・・・
民衆にとっては本来喜ばしいはずの事なんですけどね。
中国共産党が倒れ、本当の意味での民主化が中国に訪れた時、その時こそ日本は終わります・・・
何をどうやっても中国には勝てません。
共産党一党独裁である今だからこそ、突っ込みどころ満載で世界情勢の中で均衡を保つことが出来ているのだと思います。

中国が民主化し、他国への野望を捨て、他国を尊重するような国家になればこれほど心強い事は無いんですけどね。
まぁ、中国2000年(4000年だっけ?)の歴史から、他国への野望を捨てられるとは到底思えないですけどね。
一番良いのは、ロシアのようにいくつかの国に分割されることでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント