FC2ブログ

転職の理由を考える日々

雑記
02 /27 2020
そろそろ次の職を考えておかなければならない、ような気がする。

先日、上長が転職した。
今の部署、正直言ってボロボロなんだよね。
それをこの上長が何とかまとめていたような感じだった。
この先どうなることやら。
だから俺も辞めたい・・・
とか、そんな単純な理由じゃないけど。

職場環境なんて、1、2年も我慢すれば結構変わる。
俺の横の席で、鼻の音をブヴィーー!ブヴゥーー!と凄まじい音を立てていた男も、俺が在宅勤務している2、3日の間に、いつの間にか別の島に引っ越していた。
なので、2、3週前から職場は実に快適なのである。

組織がボロボロで・・・
というのも、ちょっと我慢すればそのうち新しい上長がやってくる(はずだ)。
今のところは部長が代わりにやってるけど。
組織がグダグダなのも嫌だけど、勘違い野郎/意識高い系女子が多いのも困ったものだ。

そういう、短期的なことではなく、もっと根本的な理由なんだよね。
これからは、そう、高齢化社会。
そしてその先には避けては通れない、死後の問題。
たぶん、葬儀関係の仕事がバブル状態になるんじゃないかなぁ、と思ってます。
直接的な業界だけでなく、間接的な業界?に関しても。
まぁ、前から言われていることだけどね。

早い話、今の仕事に飽きたんですよ(コラコラ o(o・`з・´o)ノ
いや、マジで。

人によって仕事の捉え方、違うよね。
・生活するための苦役と考える人(割り切って仕事してる人)。
・生き甲斐と感じてる人。
まぁ、みんなそれぞれなんだろうけど、生活のためであることは、大前提なんだけど。

この歳になって、今さら業界変えるのかよ?と思われるかも知れない。
転職紹介会社へ行っても、業界変えることは微塵も勧めてこないし、むしろそんなことを口に出したら、二度と紹介してくれなさそう、な雰囲気。
もうこの歳になったら同じ業界で最期を迎える腹を括らねばならないのだろうか?


転職活動したいんだけど、具体的にどうしたいのか、自分自身まだ決められていない。
同じ業界で転職しても、もう、結果は同じだろう。
ループに入るだけだ。

じゃあ、違う業界へ行けるのか?
行って満足なのか?
通用するのか?

P2021125.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0
(とっさに撮ったのでピント合わせてません)

撮影時期:2020年2月初旬
撮影場所:大阪市中央区、大阪城公園内梅林


そういえば、未だに大阪の感染者数は1名だっけ?
絶対おかしいやろ。
C国人観光客、今でも大きなスーツケースを狭い店内で引っ張りまわし、大声で叫びまくってるで。
感染してない方がおかしいやろ。
トイレットペーパー買うのに否応なくドラッグストア入ったけど、客も店員もCしかおらんやんけ。

感染者数だけを見て、〇〇道は危ない、▽▽県は安全、とか議論するのはまったくナンセンス。
検査しない以上、増えないんだから。
今となっては感染者数よりも、混乱が起きないようにどうすべきか、ってところまで飛んで行ってしまってますね。
ある意味、社会学的?には適切ですが、疫学的には後学のためにもできるだけ正確な感染者数の推移を抑えておくべきだったんじゃないかなぁ、と思います。あるいは感染ルートの特定とか。
そういった意味では、今回のパニックは今後の予防にはほとんど教訓とならないでしょうね。

自然治癒で平穏になるのを待つのは至極まっとうな策ですが、なんか納得できないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント