FC2ブログ

お茶の産地の近くで

近畿
12 /03 2019
撮影時期:2019年11月初旬

まだまだ探せばいろんな所に郷愁を感じる場所がある。
PB031749.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

関西本線、大河原駅から笠置駅方面へ向かう途中。
国道163号線から側道(未舗装)を降りていった先。
駐車は国道から側道への分岐地点(ガードレールで囲まれた路側帯)で可能。
側道を降りて行ったところにも2台くらいなら駐車可能。ただし、軽でないと転回は厳しい。釣りをしている人も駐車しているので、側道を降りて行った所は、先に徒歩で駐車可能であるか、確認した方が良い。


後記
今年は(も?)台風の当たり年だった。
特に関東や東北など、東日本で被害が大きかったようだが、西日本は何もなかったかと言えば、そうでもない。
この撮影地、木津川へ流れ込む支流にかかる小さな橋の上なのだが、明らかに砂を被った形跡があった。
周りの草や、対岸の草、竹などを見てみると、この川の水位も相当なところまで上昇していたことが分かる。

有名撮影地を巡るのも楽しいけど、たまには地元を中心とした、けれども、あまり足を踏み入れていないような所にも目を向けてみるのも、新しい発見があって楽しいかも。

古くからある路線沿いは、その撮影地はもうほとんどが知られているとは思うんだよね。
それでも自分自身で探してみるのは楽しいんですよ。
あとは、天気さえ何とかなれば。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント