fc2ブログ

沖島の猫、その3

動物撮影記
12 /06 2021
撮影時期:2021年12月初旬
撮影場所:滋賀県近江八幡市、沖島

沖島は小さな島です。
集落もひとつだけで、港周辺にあるだけです。
移動手段は専ら三輪車。
対岸の堀切漁港には島民のものと思われる乗用車が停められています。
(観光客は港での駐車は不可)

観光として見て廻るには、少々物足りない感じですが、釣りなんかは一日中楽しめそうですね。
釣り客もそれなりに見かけました。

PC020639.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1X
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
(以下、同じ)

島内の木々も色付いて見頃でした。


港をぐるりと歩いていると、第三のにゃんこ遭遇。
PC020234.jpg

何故か今回出会ったネコたちは、にゃぁにゃぁ鳴いていました。
寒いんでしょうかね。

こちらから近付くのですが、一気に近寄らず、少しずつ縮めていきます。
ネコの方から寄ってきてくれればベストなんでしょうけど、必ずしもそうとは限らない。
一定の距離を保ちつつ、少しずつ、少しずつ…

PC020247.jpg

このネコも他と同様、やっぱり係留されている船に乗って行ってしまいました。
船の中に残されている小魚やエビを探しているようでした。

港内なのでそれほど揺れることはないでしょうけど、やっぱり少しは揺れています。
飛び移る時にタイミングが悪いと…
ネコって意外とドジなところもありますしね。
こんな所で落ちてしまったら…


しばらくすると、また戻ってきました。
PC020556.jpg
前掛けに靴下(手袋)をしているネコのようです。
この手、豚まんに見えますよね。
豚まん?肉まん?
まぁ、どっちでもいいけど。


こんなに大人しそうなネコですが、こちらが大きく動いたりすると、サッと機敏な行動で警戒態勢に変わります。
そこはやっぱり野生(野良)なんですよね。
大きく動かない。
大きな声を出さない。
ネコに近付く鉄則を思い出しました。

近付いて逃げられるようであれば諦めるしかない。
身近な動物にも拘らず、意外に面倒()なんですよね~
餌で釣るのも手ですが、私はそれはやらない。
そもそも、ここではネコへの餌やりは禁止されてますけどね。
もちろん、無視して餌を与える人も居るでしょうけど。

野鳥と同様、撮らせてもらっている、という認識で接した方が良いかも知れません。


つづく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント