fc2ブログ

高原鉄道

近畿
10 /21 2021
撮影時期:2021年10月中旬

先に写真が好きで、何を撮るかで迷うか?
先に好きなモノがあって、行き着いた先に撮影があるのか?
残念ながら後者の方が圧倒的に「良い」写真が多い気がする。
あくまでも個人的な所感ですけど()
じゃあ、前者はどうすればいいのか?
やっぱり好きなモノを見つけるのが一番手っ取り早いのかも知れない。

DSC_2884.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON Z 6II
レンズ:NIKON NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

撮影場所

信楽高原鐡道、玉桂寺駅近くの吊り橋上から撮影。
玉桂寺駅前に駐車スペースはあるが、1台のみ。しかも、そこまで行くための道はすれ違い不可の狭い道。
川の対岸にある玉桂寺の駐車場を利用した方が間違いないと思われます。
ただし、こちらも寺へ行き着くための道は狭く、すれ違い出来る場所は限られているので対向車には要注意。
ちなみに、吊り橋上は当たり前ですが、結構揺れます()
高所恐怖症の方は下を見ないように。
下を見なければそれほど怖くはないと思います。



後記
とりあえず趣味として写真を始めたけど、何を撮ればいいのかわからない。
趣味としてずっと続けてきたけど、テーマを決めてないから結局何を撮ってもイマイチ。
よく聞く話です。
私も当てはまります。

良い写真撮ってるなぁ~と思う人に話を聞いてみるとやっぱり、被写体となっているものが好きで写真(撮影)を始めた、というのがほとんど。
スナップ写真なんかは被写体は決まっていなさそうだけど、実はそうでもない。
街が好きだから。
人と人の交わり(性的な意味ではない)が好きだから。
というのが多い気がする。
本人は自覚していなくても、そこには間違いなくテーマがあるんですよね。

『鉄道をテーマにする』
簡単な事だけど、あまりに漠然としているんだよね。

自分の頭の中を整理するためにも、著名鉄道写真家をそれぞれのテーマ/方向性で分類(カテゴライズ)するのも面白いかも知れない。
そうすることで何か自分の方向性が見いだせるかもしれない。

まぁ、わかっているのは、鉄道雑誌に掲載されるような写真は自分の目指すところじゃあない、という事ですけど。
もちろん、それらの写真もカテゴリとしてはアリですけどね。
否定しているわけじゃないです。こういう風に書かないと変に誤解する人が必ずいるので()
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント