FC2ブログ

最後の会社員生活を楽しもう。

雑記
07 /28 2021
もうすぐ夢織です。
そう思うと心もいくらか楽になります…

もうね、今の業界耐えられないですわ。
今の日本社会、身分制度が無くなって久しいですけど、全くなくなったわけではないのは、実際に暮らしている人なら誰もが気付くことですよね。

そりゃ、発注側と受注側でどうしても上下関係が出来てしまうのは仕方ない事だと分かってます。
でも、今の業界はちょっと特殊と言うか…
モノを売り出すために「お上」の許可がいるのです。
お上の機嫌を損ねると許可が下りない、ってことはないかも知れないけど、販売開始が遅れる(=その分利益が減る)ことはよくある事らしい。
なので、メーカーはお上を神の如く敬っているんですよね。
そして、そのメーカーは下請けに対しても、同じように接するように(少なくとも俺にはそう感じる)強要するんですよね。

もちろん、会社間だけの話にとどまらず、社内の部署間、更には同じ部署の中でもRole間でも同じような「上下関係」が出てくるのは言うまでもない。
「お上」が頂点に居ない業界だとここまで酷くないんじゃないかな?と思ってますがどうなんでしょう?

P7221930.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1X
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

撮影時期:2021年7月下旬
撮影場所:滋賀県野洲市、弥生の森歴史公園


上に行くほど教養が高く、文句も言えない…ってのなら仕方がない。
でも、実際にはそうでもない。

英語が得意なはずなのに、メールで寄越してくる日本語の文章が意味不明…ってのは日常茶飯事。
自分の中では英語が得意な人は文法も心得ているので、日本語もそれなりに綺麗な文章で書いてくる、ってイメージでしたが、そうでもない。
『コレ、英語に訳せるの?』って疑うような変な日本語で書いてくるんだよね。
それに対するこちらの対応について「理解できないのでしょうか?」と上から目線で文句言ってくるんですよ。
『その前にお前の変な日本語を何とかしろ』と文句言いたいけど、それが言えないのがいつものヘタレな俺。

私自身、このブログ内でも変な日本語の文章を書いているのは認める。
しかし、業務用のメールでは目的や内容に対して認識の齟齬が無いよう、出来るだけ簡潔に分かり易い文章を心掛けているつもりだ。
もっと簡単に言えば、英語に訳しても通じる文章にしている。
にもかかわらず、相手(上)は自分にだけが分かる文章で書いてくるんだよね。
こんな文章で言いたい事が分かるかよ!ってな感じのを…

ただ立場が違うというだけで、何故コレだけ処遇が違うのだろうか?
民間会社同士でもこんな理不尽な上下関係ってあるのだろうか?

多くの家庭では「勉強して良い大学を出ろ」と子供を教育している(ようだ)。
出来るだけ社会的に上の立場に就職して、こんな理不尽な処遇を我が子に受けさせたくないのだろう。
もちろん、お金持ちになって欲しい、と言うのもあるだろうけど()



それもこれもあと半月ほどで解放される…
無職になる不安よりも、理不尽なヒエラルキーからの解放による安心感の方が大きい。
これから向かう先にもいろんな問題があるのかも知れないけど、自分のやりたい事で稼ぐ方が精神的に楽だよね。

この先1年はほぼ無職であることを覚悟しているが、だからと言ってぶらぶらしているわけにはいかない。
少しずつ経験を積んで独り立ちできるようにならないとなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント