fc2ブログ

AF設定の見直しを

近畿
01 /08 2022
撮影時期:2022年1月初旬

何の変哲もない鉄道写真。
とりあえず撮りました、的な。

AFの設定調整を見直しました。
今まではAF追従感度を「-2」(粘る方)に設定してました。
流し撮り(っぽい撮影)を行った際、手前の木の枝などに引っ張られないことを見込んだ設定です。
ですが、普通に撮ると、どうもおかしい・・・
AF-Cのはずなのに、明らかな後ピンが多い。

AF追従感度を「+2」にすると、あら不思議。
AF-C撮影時にガチピン連発!

ふぅ、原因はコレか。

P1071213.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1X
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

撮影場所

東海道本線、柏原駅東側の踏切傍から撮影。
撮影地点のちょっと東側に小さな空き地があるのでそこで駐車可能。
この道路、近くの運送会社のトラックの通り道となっているのでくれぐれも路上駐車とならないようにしたいですね。



後記
AFがイマイチ、と思ったら、設定を見直しを。

そんなこと、当たり前のことなんでしょうけど、今まで「自分の設定に間違いはない」と信じ込んで、まったく見返してませんでした。
「カメラの性能の限界」と勝手に決め込んでました…
いろいろとやってみるものです。

ただ、どうやっても使えない機能が「被写体認識AF(鉄道)」。
『このタイミングを逃したら、もうない』という所でやっと認識してくれます。
人間の認識能力の高さを改めて確認できることでしょう。

他社の被写体認識AFはまだ使ったことが無いので何とも言えませんが、聞くところによると瞳(顔)認識はもう実用レベルに達しているようですね。
そのうち鉄道に関しても実用レベルになってくれることを願います。
スポンサーサイト