ある夏の日の思い出

信越
08 /02 2016
撮影時期:2014年7月上旬

黄昏時の黄昏特急。

P7012037.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

ホテル・シーポートの客室から撮影。

客室は数多くあるが、運良く良い場所だった。
ロビー(カフェテラス?)からもガラス越しなら撮影は可能だったかも。
宿泊したホテルの客室から撮影したので無条件で撮影出来るわけではない。
客室の窓は全開に出来ない為、撮影時の姿勢は少々苦しい状況になるかも。

当ブログ開設当初に掲載した写真のホワイトバランスを調整した写真です。


後記
当初の予定では米山駅を俯瞰できる展望広場(駐車場あり)から撮影する予定だった。
撮影前にホテルに荷物を降ろして客室の窓から外を見てみると!
せっかくなら宿泊しないと撮れない写真を撮ってやろうと、ココに決定。

駅周辺がちょっとゴチャ付いてしまってるのがちょっと残念・・・
でも、これはコレでいい思い出になったかも。
スポンサーサイト

山間部の夏の朝

信越
06 /18 2016
撮影時期:2014年7月上旬

最近はこの色(車両)も馴染んできましたね。
夏の朝、少しひんやりとした空気でした。

P7011781.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

飯山線、越後田中駅近くの道路沿いから撮影。
大きな道路ではないが、歩道はある。


2014年、長野・新潟を旅した際に撮影。
前日からこの近くにある、しなの荘さんで宿泊。
朝食の前、散歩のついでに撮影した。
データを見ると朝7時前。
7月入ったばかりで、山間部。
まだ肌寒い朝で、草は朝露でいっぱいだった。
この地方特有なのか、あちこちで薄ピンク色の花が咲いていた(この写真の駅舎傍に咲いている花)。
まだ一昨年の事なのに、なんだか凄く懐かしい・・・

高井富士を背景に

信越
09 /14 2015
撮影時期:2013年8月中旬

夏冬通じて、高井富士(高社山)を背景に素晴らしい景色が見られる良い場所である。
こんな景色を毎日見られる地元の人は本当に羨ましい。

P8197201.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

長野電鉄長野線、信濃竹原-夜間瀬にある夜間瀬川の西側河川敷の駐車場から撮影。
堤防道路から駐車場へ降り、その辺りから撮影しているので駐車場所に困る事はまず無い。
困るとしたら、中野市方面から国道292号線を走らせた場合の、403号線への分岐くらいか(迷ったのは俺だけ?)。
撮影地点は国道の橋の上(広い歩道があるので余裕)や、堤防の上、色んな所から狙える良い場所である。


後記
以前、冬に訪れた時の写真を投稿したが、その夏バージョン(ちょっと撮影位置は違うが)。
この撮影地を訪れたならば是非地獄谷温泉のおサルさん達にも会ってみてほしい。
逆に地獄谷温泉のおサルさん達に会いに来たならば、是非この撮影地にも寄ってみてほしい。
列車は30分に1本は通るはず。
のんびり待っているだけでも楽しめるはず。

赤い雷鳴

信越
07 /12 2015
撮影時期:2012年9月下旬

暑い時期には暑苦しい色も似合うと思う。
P9221116.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

言わずと知れた疋田カーブ。
この写真は踏切から撮影。
踏切から線路脇の細い道を進んでもうちょっと先まで行くと、標識やタイガーポール?を構図から外す事は可能。
駐車は運動場でも可能だが、そこまで行きつく道が極めて細い上にそこそこ急坂。
冬はスタッドレス必須。
夏は余裕。


後記
この時は特に何かを狙ってたわけじゃなく、ただぶらぶらと。
上の写真(オリ)は三脚に据えて撮影。
下の写真(ニコン)は手持ちで撮影(傾いているのはご容赦をwww)。
DSC_4280.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF Nikkor ED300mm F4S(IF)

右手にD700。
左手にE-5のケーブルレリーズを握りながら、甲でD700のレンズを支える。
第3者から見れば、相当アホな格好で撮っていたわけだ。
素直に鉄ちゃんバー買えよって?

同じ露出設定(SS優先(どちらも1/640、-1/3補正)だったはずなのに、えらい違いだな。
オリがF6.3。
ニコンがF9。
ニコンの方がアンダー気味になる傾向、というべきなのか、オリがオーバー気味になる傾向なのか。
この写真の場合はオリの方が実際に近いかな。
ただ、補正を-1/3にしていることも考えると、やっぱりオリがオーバー気味なのかもしれない。

最近はネット上の見栄えを考慮した画像を作る傾向があるようだが、なんともかんとも・・・
たしかに、ネット上に投稿するのが目的になってしまってるので、良い傾向なんだけど。
でも、本来の写真(って何だ?まぁ、昔からの傾向と思ってもらおう)に近い方が味わいがあって玄人好みしそうなのもあるんだよね。
ま、どっちにしても現像する段階でどっちにでも転がすことが可能なんでどうでもいいことなんだがwwww
ただ、毎回同じ処理するのが面倒な時もあるので、メーカー(もしくはカメラ固有)の傾向ってやっぱり重要なのかもしれない。

早朝の赤い機関車

信越
06 /28 2015
撮影時期:2014年7月初旬

空気が澄んでいる朝ががやっぱり良いな。
DSC_9526.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

以前にも投稿した写真と同じ場所からの撮影。
国道8号線脇にある駐車帯から撮影。
なので駐車に困る事はまず無い。


後記
トワイライトエクスプレス待ち時に撮影。
ちょうど1年ほど前に撮ったのか。
もう何年も前のような事に感じるわ。
朝の撮影は本当に気持ちが良い。
残念なのは宿泊先で朝食を採れない事だろうか。
宿泊先でゆっくりと朝食を採るか、その時間に撮影するか、悩ましいところですね。
朝食は要らない場合が多いので、夕食だけつけてくれる宿泊施設ってないのだろうか・・・?

頚城の田園地帯を走るはくたか

信越
06 /22 2015
撮影時期:2014年7月初旬

速ければ良いってもんじゃない。

DSC_9411.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

以前にも同じ場所から撮影した写真を投稿していた。
特急はくたか号も、もう見られないんですね。
他にも色んな列車があるようなので、撮影地としてはまだまだ健在だと思う。
駐車するスペースはないので、農作業の邪魔にならないように路上駐車するしかない。

後記
2014年初夏、長野・新潟を旅した際に撮影。
この時はそれほど意識していなかった。
まさかたった1年の間でこの列車がなくなってしまうとは。
夕日に照らされるはくたかも撮っておくべきだったなぁ・・・