FC2ブログ

俺の空

信越
05 /05 2020
撮影時期:2018年5月初旬

これぞ俺の空。
雨でも晴れでもない天気。

P5010236.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

氷見線、雨晴駅のすぐ近く。風景撮影で超有名な撮影地ですね。
駅の駐車場でも良いのかもしれませんが、観光客向けの駐車場があるのでそちらへ停めた方が良いかも。
ちょっと離れたところに道の駅もあるので、そちらへの駐車も良いかも。
駅舎は海岸とは逆側にあるので、海岸側に出るには、氷見側にある踏切まで迂回する必要があります。
踏切を渡って海岸に出れば、あとは道なりに歩くだけ。
道の駅に駐車した場合は、国道を渡って目の前の踏切を渡り、海岸線沿いに砂浜を歩けば撮影地に着けます。
たぶん、道の駅から行く方が楽だと思います。



後記
知ってる人は知ってると思います。
本来は立山連峰を背景にした壮大な絵になる所です。
本来なら、三脚がズラリと並んでいる撮影地です。
が、この時は誰も居ませんでした・・・(2、3人いたかな?)
早朝なら見えていたのでしょうかね。
この撮影は10時前に撮影していますが、既に霞に覆われて背景に何も見えません・・・
ちなみに、海上に黒線のように写っているのは防波堤です。

いやぁ、もう、見事なまでに白一色ですね。
何か描けちゃうくらいに。
スポンサーサイト



家には五月人形も鯉のぼりも無かったな・・・

信越
04 /23 2020
撮影時期:2018年4月下旬

この季節、好きなんだけど、来年かな。

P4300181.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所

のと鉄道、西岸駅と能登鹿島駅の中間地点、田岸菅原神社前の農道から撮影。
地図上はまだ旧道しか示されていませんが、実際は道幅が広くなっています。
旧道側が駐車スペースになるので、駐車場所に困る事はないと思います。
背後が崖になっており、その上に神社があるようでした。
そこから撮影した方が良かったかも知れませんね。
(この時、草刈り作業をされていたので、登るのは控えました)



後記
見知らぬ土地での撮影はいろいろと緊張します。
実は暗黙の了解でそこで撮影してはいけない(足を踏み入れてはいけない)場所なのではないか?
地元の祭などの行事でそこが通路になったりしていないか?
まぁ、そういう緊張感も旅の楽しみの一つでもあるのですが。

例年であれば、今頃はGWの予定も既に立っており、準備と期待でそわそわしているはず。
今年は非常事態宣言によって覚悟が決まったので、大人しく引き籠ってます。
汚部屋で過去の写真を漁る毎日ですが、本当に下手な写真ばかりで困ってしまう。
今まで薄々感付いてはいたが、冷静に見ると本当に恥ずかしい。
あまりにも適当に撮り過ぎている。

写歴50年を自慢して他人を見下す人もいますが、写歴だけ重ねても意味ない事を痛感しました。
自分もよく考えたら、20年近くやってるんだよね。
7、8年のブランクはあったけど、言い訳にしかならない。

・現場でもっと考える。
・普段から「良い」(好きな)写真を見てセンスを上げる。
・現像時にもっと手間暇かける(やり過ぎると非現実な、今流行りの写真になるのが嫌なんだけど、あまりにも手抜き過ぎ)。
どれもこれも足りない。
そして、いつも愚痴ってばかりで実行に移さない。
たぶん、コレが最大の原因なんだろう。
まずは、一つでも実行するところから始めないと。


ちなみに、写歴50年(40年?書き込みによって変動)を自慢している価〇コムのオジさんはいつも「修行中♪」と書いています。
私から見れば、言い訳を書いているようにしか見えない。
他のユーザーからは「修行中であれば、もっと落ち着いてマウント選びされては?」と突っ込まれる始末。
こうはなりたくない。

と言いつつ、俺も似たようなもんだよなぁ。
仕事でも趣味でも、もっと自信をもってやらなきゃ(開き直る、と言う意味じゃない)。

夏の豪雪地帯

信越
09 /18 2018
撮影時期2018年8月中旬

赤や青の屋根が緑に映えますね。
冬になると日本でも有数の豪雪地帯となるこの地域。
この緑豊かな季節からは想像出来ないですね。

DSC_7939.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所

JR飯山線、西大滝駅の近く。
国道117号線のトンネル前後にある旧道?への脇道から入り、スノーシェッドの東側出口の所から撮影。
撮影当日は休日だった為に通行車はほとんどないですが、平日の場合はトラックが通っていたと思います。
4年前にも同じ場所(スノーシェッド西側)から撮影してますが、その時は平日だった為、トラックが何度も通っていました。
スノーシェッド西側に道幅が広い箇所があるのでそこに駐車可能。



後記
前回訪れたのが4年前。
草木が伸びていて、西側からはほぼ撮影不可能。
天気が悪くなかったので、カラフルな屋根の色が映えた写真になって良かった・・・
以前は雨が降ったり止んだりの燻った天気でしたからね。
何より、街並みが大きく変わってなかったので安心しました。
現代風の建物が増えていても困るけど、過疎化が進むのも素直に喜べない、複雑なところですね。

S字カーブと黄色い花と

信越
05 /21 2018
撮影時期:2018年4月下旬

黄色い花が、そういう季節だということを知らせてくれる。
ちょっと遅い春だけど、今年の春はあっという間だったなぁ・・・

P4300130.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

のと鉄道、西岸と能登鹿島の西岸駅よりの田んぼの畦から撮影。
舗装された農道から山側の田んぼをちょっと上ると木で出来たベンチがあり、その辺りから撮影。
ベンチの周りは草がいっぱいで、ちょうど花を咲かせていたので構図に入れさせて貰った。
普通車がギリギリすれ違う事が出来るくらいの道幅。
軽なら余裕。
軽トラなら違和感無く停められる。
大型車の場合は近くの神社の道幅が広い所へ駐車して歩いてきた方が無難。



後記

実はこういう鉄道写真、あまり好きじゃないんだよね・・・
初めてこういう写真見たときは凄くインパクトがあったんだけど、今じゃみんなが撮っている!
鉄道&花と言えば、ネコも杓子もこの構図。
花にピントを合わせてライトを点けた列車をぼかすパターンもあるけど、どっちも変わらん。
写真自体は良いと思うんだけど、みんな撮るからなぁ・・・
見てるこっちは飽きちゃってます、正直言って。
だったらお前が別の構図の手本見せろ!と言われそうなので、この辺で。

ある夏の日の思い出

信越
08 /02 2016
撮影時期:2014年7月上旬

黄昏時の黄昏特急。

P7012037.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

ホテル・シーポートの客室から撮影。

客室は数多くあるが、運良く良い場所だった。
ロビー(カフェテラス?)からもガラス越しなら撮影は可能だったかも。
宿泊したホテルの客室から撮影したので無条件で撮影出来るわけではない。
客室の窓は全開に出来ない為、撮影時の姿勢は少々苦しい状況になるかも。

当ブログ開設当初に掲載した写真のホワイトバランスを調整した写真です。


後記
当初の予定では米山駅を俯瞰できる展望広場(駐車場あり)から撮影する予定だった。
撮影前にホテルに荷物を降ろして客室の窓から外を見てみると!
せっかくなら宿泊しないと撮れない写真を撮ってやろうと、ココに決定。

駅周辺がちょっとゴチャ付いてしまってるのがちょっと残念・・・
でも、これはコレでいい思い出になったかも。

山間部の夏の朝

信越
06 /18 2016
撮影時期:2014年7月上旬

最近はこの色(車両)も馴染んできましたね。
夏の朝、少しひんやりとした空気でした。

P7011781.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

飯山線、越後田中駅近くの道路沿いから撮影。
大きな道路ではないが、歩道はある。


2014年、長野・新潟を旅した際に撮影。
前日からこの近くにある、しなの荘さんで宿泊。
朝食の前、散歩のついでに撮影した。
データを見ると朝7時前。
7月入ったばかりで、山間部。
まだ肌寒い朝で、草は朝露でいっぱいだった。
この地方特有なのか、あちこちで薄ピンク色の花が咲いていた(この写真の駅舎傍に咲いている花)。
まだ一昨年の事なのに、なんだか凄く懐かしい・・・