香港の別の顔

海外
09 /05 2016
撮影時期:2011年12月下旬

クリスマスイブの翌日、つまりはクリスマス当日。
香港と言えばあの独特の街を思い描くが、ココもれっきとした香港。
写真では撮れなかったが、サンタ帽を被った女の子に何人か出会った。

クリスマス当日、わざわざ鉄道写真撮りにこんな所まで来る日本人、そうそういないだろうなぁ。

PC253879.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

MTR(地下鉄)西鉄線、終着駅の屯門駅近く。
屯門駅(この辺りは地上線になっている)から西に軽鉄線に沿って歩き、T字路を北に行ったところにある屋根付歩道橋から撮影。
自家用車での行き方は分かりません・・・
地理的には香港国際空港の対岸辺りとなる。


後記
どうせなら、どっか遠くまで行ってみよう、と思って地図も見ずに路線図だけを見て訪れた。
後から(帰国後)そこが空港の対岸であることを知った。
俺の知っている香港とはまた違った香港がここにはあった。
高層マンションが立ち並ぶ、典型的なベッドタウンだった。
香港中心地と違ってせせこましい感じも無く、日本の近郊都市とほぼ変わらない。

また行きたくなってきた・・・
スポンサーサイト

人が行き交う場所

海外
08 /30 2015
撮影時期:2011年12月下旬

初めてここの路上の線路を見た時は半信半疑だったが、マジでやって来た。
実に中国らしい光景である。
あ、厳密には香港だけどね。
PC264506.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

香港島、北角(North Point)にある春秧街マーケットが撮影地。
狭い通りに露店が出ている上に、車も通る、混沌とした世界である。
MTR(地下鉄)で北角駅まで行き、そこから歩くのも良いし、自身がトラムに乗って現地まで行くのも良い。
自家用車(もしくはレンタカー)で行く人はいないだろうから、駐車情報はパス。


後記
2011年末に香港へ旅した際に撮影。
これよりちょっと前、飛行機を利用した際に、席に置いてある情報誌を読んだ。
そこにはある鉄道写真家による香港のトラム(二階建て路面電車)の写真と共にコラムが掲載されていた。
実はこの香港旅行のきっかけの一つがコレだったのである。

この時も天気に恵まれなかったが、色々と見て廻れた。
おそらく一般的な観光客が足を向けないような所にもいってみたりもした(怪しい所じゃないよ)。

日本国内にもまだまだ見たい所がいっぱい残ってるので、次の海外は当分先かな。