昭和新山とスーパー北斗

北海道
11 /05 2016
撮影時期:2015年11月初旬

この年は冬が遅かったのか、11月初旬でもそれほど寒くはなかった。
びっしりとユキムシが張り付いたフロント部。
もう雪が降ってる頃なんだろうなぁ・・・

DSC_6850.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所

室蘭本線、黄金の有名撮影地。
澄んだ空の日なら背景に羊蹄山が綺麗に見える(この写真に写っているのは昭和新山)。
道路沿いの刈り込まれたところに複数台駐車可能。
ここの道路、意外と交通量が多い。



後記

まだ一年前か。
もっと昔のように感じる。
登別温泉に泊まっていたが、寒く感じる事はなかった。

レンタカーのフロント部、フロントガラスを含めてびっしりとユキムシの死骸が張り付いたのには閉口したなぁ。
ウォッシャーとワイパーではなかなか取れないが、給油所で頼むとあっさりと綺麗に拭き取ってくれるんだよね。
ユキムシ、ユスリカよりもっと小さくて、一匹だけなら本当に小さな虫。
それがこんなに真っ黒になるくらい張り付くんだから、どれだけ大量にいるんだ?

写真的には、下の部分がちょっと余計だな。
もうちょっと上に振って、上を空けるべきだった。
そこに存在しない列車を空想しつつ構図を作るのが鉄道写真の難しいところなんだよなぁ。
架線がない非電化区間だと高さを読むのが特に難しい。
見た目をすっきりと仕上げられるので非電化区間の写真は好きだけどね。
あと、このレンズ、四隅の周辺光量低下が酷いな・・・

撮影場所としては、羊蹄山を背景とする有名な撮影地。
肝心の羊蹄山が見えてねぇ・・・

スーパー北斗、いつまであるんだろう・・・
室蘭を基点とした利用者向けにずっと残るのかなぁ?
スポンサーサイト

もうすぐ本当の最後

北海道
08 /02 2015
撮影時期:2014年9月下旬

昭和新山、その後ろに羊蹄山をバックに早朝の北海道を駆け抜けるカシオペア。

DSC_0718.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF Nikkor ED300mm F4S(IF)

撮影場所

今更言うまでもないですが、黄金駅近くで撮影。
羊蹄山、昭和新山バックで撮るにはココからが良いかも(客車は写らないが)。
有珠山バックで撮るには踏切反対側から。
ただし、まともに撮れるのは一人のみ。
この時は既に先客が居たため、無理して左側の処理を行ってなんとかしたつもり。
駐車は路駐になるため、迷惑の掛からないように工夫した方が良い。


何故突然この写真を引っ張り出したか?

今週末、8月7日から2泊3日で最後の撮影へ行くことにしました。
正直、北斗星もカシオペアも馴染みのない列車です。
が、北海道で見られるブルートレイン(北斗星)が事実上この8月で終わりなので、夏季休暇を兼ねて、突然思い立ったように行くことにしました(航空チケット、宿は既に予約済み)。
カシオペアは9月もまだ走るそうだが、さて、どうするか・・・?

正面狙いの写真はもう十分撮っているので、今回はテールマーク狙いで行くつもりである。
同業者の方、万が一撮影現場で出会った際は何卒宜しくお願い致します・・・
まぁ、実際に出会っても分からんだろうけど(笑)

宇宙軒は今回はパスするつもり。
もう十分撮っただろ(笑)
ただし、宇宙軒のラーメンは食いに行く。

人、多いだろうなぁ・・・

北斗星、黄金を行く

北海道
05 /29 2015
撮影時期:2014年9月中旬

まだ懐かしい光景だとは言わせない。
北斗星、今でも走ってます。
でも、もうすぐ・・・
DSC_0264.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF Nikkor ED300mm F4S(IF)

撮影場所

同じ場所からの写真、既に何度も投稿しています。
黄金駅近くの踏切脇からの撮影です。
駐車は踏切脇に1台のみ可能。2台で示し合わせているのなら2台可能(奥に停めた方はすぐに出られない)。
まぁ、踏切の近くの他の場所にもスペースはあるのでそれほど困らない。
が、意外と交通量は多いので、完全な路上駐車となる位置への駐車は避けたほうが良い。


後記
2014年SW、フェリーで北海道へ訪れた際に撮影。
自家用車で訪れたので、機材の心配は無用。
これほど贅沢に北海道撮影旅が出来る事はあるだろうか?
北海道を旅していると、フェリーで来ました、と言う方に出会うことが多い。
自分が経験してみると、とても納得できる!
仮に飛行機への持込に制限がなかったとしても、やはり面倒であることには変わりない。
自宅から自家用車で出掛けられる利便性は何物にも変え難い。

ただし。
フェリーの場合は日程と経費を十分に検討する必要がある。
滞在(レンタル期間)5日以上でレンタカー代より安くなる計算だった。
5日以上滞在することが可能であれば、今後もフェリーを活用したい。
実際には、フェリー泊の2日間を足した7日以上の休暇が取れる条件になるが。

朝日を受けて

北海道
03 /22 2015
撮影時期:2014年9月下旬

居心地の良い、秋の早朝。
これから冬に向けて少しずつ寒くなっていくんだね。
DSC_0690.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF Nikkor ED300mm F4S(IF)

撮影場所

黄金のアウトカーブが撮影地。
収容人数は2、3人といったところか。
この近くの陸橋から撮影されている方の写界に入る可能性があるので注意。
駐車は踏切付近に路上駐車となる。が、この道路、意外と交通量が多い。
路上駐車をする際は可能な限り外側へ寄せるようにしたいですね。



後記
2014年SWに北海道へ旅した際に撮影。
寝台特急待ちに撮影した一枚。
フェリーで行ったんだよなぁ、この時。
天候に恵まれることは少なかったが、とても居心地の良い季節でした。

曇り、所々により晴れ

北海道
03 /09 2015
撮影時期:2014年9月中旬

曇りの日。
僅かに晴れ間が出る瞬間がある。
肝心な時に晴れて欲しい・・・
DSC_0554.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

以前にも全く同じ時期に撮影した写真を投稿した。
陸橋の上からの撮影だが、歩道は十分に広い。
ただし、2015年2月に訪れた際には、この時(2014年9月)には無かった大きな金網が施されていた。
線路上の位置からの撮影は脚立がない限り不可能。
また、この金網が結構幅広く設置されており、この写真を撮影した位置も脚立無しでは無理。
結論から言うと、この場所からの撮影は基本的に無理。
金網を破り(実際に破られた跡があった)、土手にまで出れば撮影は可能だが、全くお勧めしない。
脚立を用意して撮影に出掛けることをお勧めします。



後記
2015年2月に訪れた際、いままで無かった(実はあったけど気にするレベルのものではなかった)金網が出現していたので改めて投稿した。
設置した側も意地悪するつもりで施されたものではなく、列車運行の安全上のことだと思う。
あと、撮り鉄のマナーの悪さも原因の一つかもしれない。
自分の首を絞めることにもなりかねないし、それ以前に一人の社会人として、他人に言われるまでも無くマナー違反はしないようにしたい。
金網を見て思ったのは、今までの自分の行動に問題は無かったか、自省の念だった。
いつまでも日本の美しい鉄道風景を見られる環境にしたいですね。

北斗星・・・?か?

北海道
02 /17 2015
撮影時期:2015年2月初旬

昨日のブログの続き。

振り返るとパック中の彼女の顔だった!
DSC_1772.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所は昨日のブログと同じ。

コレを狙った撮影もアリだろう、と思う。
ただ、どうしても逆光になってしまうので無理する事は無いと思うが。