金色に輝く田園地帯を行く、普通列車

北海道
09 /01 2015
撮影時期:2014年9月中旬

本当に北海道の秋は気持ちが良い!
天気さえ良ければ。

P9180817.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

室蘭本線、長和-有珠のS字カーブを見下ろす、超有名撮影地。
国道にある駐車帯?から撮影。
駐車帯に駐車するので何の問題もないが、大型車が休憩で止まっている時もあるし、何台も止められるほど広くは無い。
反対車線の丘の上(墓地?)に上がれば更に俯瞰を楽しめると思える。



後記
以前にも同じ場所から投稿した写真は生憎翳っていたが、晴れていればこんな感じで綺麗な光景が楽しめる。
休耕田がちょっと目立つが、これも時代の流れか。
有名撮影地であるはずなのだが、ここで撮影をしている人を見た事がない。
この時(この後トワイライトエクスプレスが通過)も俺一人で悠々と撮影。
撮り鉄の皆さんにとっては、もう十分撮り終えた撮影地なんだろうか・・・?
春夏秋冬、いつも撮りたいと思える所なんだけどな。
スポンサーサイト

金色に輝く(はずだった)田園地帯を行く、トワイライトエクスプレス

北海道
09 /24 2014
撮影時期:2014年9月中旬


噴火湾の後方に聳える駒ケ岳を背景に、金色の田園地帯を行くトワイライトエクスプレス。
DSC_0530.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

説明の必要がないほど有名な撮影地、長和の俯瞰です。
駐車スペースがあるので、駐車には困りません。


後記
2014年SWに北海道へ旅した際に撮影しました。
列車通過後、10秒ほどで日が射しました。
いつもの事です。
日が差している場合は、それこそ黄金に輝く素晴らしい景色です。
今回も北海道滞在中、ほとんど天気に恵まれませんでした。
日頃の行いが悪いせいでしょうか。

霧の中のトワイライトエクスプレス

北海道
09 /04 2014
撮影時期:2014年5月初旬


霧の中から現れるトワイライトエクスプレス。
霧雨の中、定刻通りに現れました。
大阪から1日近くかけてここまで来たのかと思うと、なんだか感無量です。
P5011174.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

本来ならば国道や更にその後方の台地からの俯瞰撮影が有名な撮影地ですが、霧が出ていては俯瞰撮影出来ません。
未舗装の農道を進み、踏切近くから撮影。
農道上には車を停めないよう、適当な場所で駐車することを勧めます(この撮影地点の傍だと、2台ほどは駐車可)。



広角~標準で迫力を!
DSC_9165.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所
同上

近過ぎて客車が全く写ってませんwww
近くで見るヘッドマーク、シワシワですな。
これで最後まで使い通すつもりなのでしょうか?


後記
2014年のGWに北海道へ旅した際に撮影。
旅の後半は天気がずっと悪かった。
雨ならでは、霧ならでは、の撮影手法も考えておく必要性を強く感じた旅だった。

どうせ雨が降るなら土砂降りで・・・
どうせ霧が出るならもっと濃い霧を・・・
そんな願いも空しく、微妙な悪天候。
悪天候な日は可能な限り空を入れないように試みるのだが、そうなると撮影場所に大きな制限が出てくる。
ましてや、初めて訪れた場所ともなると、もうお手上げなのである。

事前に天気が悪い場合の撮影場所も考えておく必要があったな。
良い勉強になったと思っておこう。