雪の丘

北海道
02 /15 2017
撮影時期:2016年2月中旬

流氷を確実に見たいのなら、2月中旬以降の方が良いようだ。

DSC_0968.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所

釧網本線、浜小清水と原生花園のちょうど中間地点辺り。
この撮影地点より少し浜小清水駅側に、未舗装の道へと続く分岐点があるので、そこで駐車が可能。
積雪時はちょっとしたスペースになっているのでそこへ駐車(未舗装の道は雪で分からなくなっている)。


後記
この年もこの時期にはまだ流氷が来ていなかった。
と言うより、この年は恐ろしいほどの暖冬だった。
流氷は諦め、知床の山々が微妙に見えるこの位置から狙ってみました。
スポンサーサイト

流氷が見える丘

北海道
01 /23 2017
撮影時期:2012年2月初旬


今年は流氷やって来るのだろうか?

P2046709.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

釧網本線、北浜駅近く。
白鳥展望公園の展望櫓から撮影。
国道から見上げるように台地がある。
この時は台地の麓に駐車して雪の中をせっせと台地を駆け上がったが、実は白鳥台小学校まで車で行き、その突き当たりに駐車すれば難なく展望櫓のところにまで行ける。



後記

この写真、展望櫓の一番上から撮ったものではなく、階段の中途段階の所から撮影している。
ズバリ、昇ってる最中に来てしまった!と言うパターン( ノД`)
しかも、電柱が機関車先頭部位に被ってるし・・・
突っ込みどころ満載の写真だが、撮影場所を備忘録として残しておきたかったので敢えて投稿した。

2016年2月、同じ撮影場所に行ってみた。
今度は一番上まで昇ってみた。
手前の防風林?の木が伸びていて、線路が全く見えない状態だった・・・
防風林の枝が伐採される事でもない限り、この場所からの撮影はもう出来なさそう。
湖と海を繋いでいる川を渡る構図なら撮影出来そうではあるが。

いつまでも、あると思うな、撮影地。

オホーツクからの雪

北海道
02 /29 2016
撮影時期:2016年2月中旬

本来なら極寒の朝を迎えているはずだった。
が、この年は異常なほど気温が高かった。
それでもやはり横殴りの霙っぽい雪は寒さを感じさせるのに十分だった。

DSC_1080.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所

釧網本線、止別駅近く。
近くの川沿いで駐車可能。
橋下を潜って海側に出て、防風柵?と線路の間から撮影。


後記
本当はこの近くの丘から、もっと俯瞰した状態でオホーツク海と知床連山をバックに撮るつもりだった。
明らかに撮影場所を誤った。
列車が来る数分前に気付いたのだが、予定していた撮影地点の丘に登るのには時間があまりにも少なかった。
寒さは覚悟していたが、雪が思っていた以上に積もっていたのが計算外だった。
丘から見下ろす構図を狙う場合は、雪対策も考えて時間の余裕(移動時間の為)を持った計画を。

この時の服装。
上は軍用フリースの上からゴアテックスの上着。
下は軍用の防寒ボトム(スキー用とほぼ同じ)に、カリブーのブーツ。
これで寒さは全くと言って良いほど感じなかった!
うむ、完璧だ。
例年より暖かかったのは確かだが、寒さをほとんど感じないのは驚異的だ。
特にブーツ。
これは文句なしに良い!
中国製だけど(*^_^*)
2年ほど前までならMade in Canadaだったらしいけど、こればっかりは仕方がない。
靴下二重履きはもうおさらばだ。

昨年は宇宙軒カーブに防寒対策して行ったつもりが、あまり効果がなかったのだが、コレなら大丈夫そうだな。

後は金属製のレンズを車内に持ち込んだとき、大量の汗をかかせてしまった・・・
運良くレンズ内に結露は生じなかったけど、油断は禁物。
車外でカメラバッグに格納し、カメラバッグは車内の暖房が効きそうでない所&運転中にどっかへ移動してしまわないような所に安置しておいた方が良い。後部座席の足元か、トランク(ラゲージスペース)が無難。

ようやく雪の撮影に慣れてきた。
来年はどうしようか。

SL冬の湿原号、2016年

北海道
02 /26 2016
撮影時期:2016年2月中旬

冬の湿原。
誰もいないかと思ったら、意外と釣り人が多かった!

そんな湿原の中にSL出現。

DSC_9432.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所

釧網本線、細岡駅近く。
遮断機の無い踏切を超えた所。
細岡駅から徒歩で来られるが、駐車するのならば、川沿いの道路の幅が広くなっている所で。



後記

川沿いの道路(未舗装)を走っていると、そこかしこに車が駐車しているのが見える。
SL撮影の撮り鉄かと思っていたら、その大半は釣り!
何を狙っているのかは判らない。
トラウト?かな?

SL撮影で大事な「煙」の処理を忘れてました!
大失敗ですねヽ(´∀`)ノ


この日の朝。
P2120002.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:KOWA PROMINAR 12mm F1.8

撮影場所

釧路川からの超有名撮影地。
駐車場もあるので大変便利(ただし、10台も置けない)。


この時まだ9時頃(SL通過は11時過ぎ)であったが、誰もいないのに三脚は林立状態wwww
あまりにもお手軽に来られる撮影地なので人数も半端なさそうだった。
ほとんど誰もいないとは言え、三脚の数に圧倒され、また、誰もが撮るような所から撮ってもなぁ・・・と思って移動。
そして撮影したのがトップの写真。
見ての通り、昼前の空は真っ白。
この場所、青空だから綺麗に見えるが、SL通過時は真っ白な空だったことを考えると移動して正解だったか。

白い空を目立たせない構図にする事に囚われ、煙の事はすっかり忘れてましたわwwwwww

羅臼岳を背景に

北海道
10 /22 2015
撮影時期:2012年2月初旬

たしか気温は日中でも-10度以下だったはず。
だけど日が当たっている間は何故か暖かく感じるんだよね。
P2046717.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

釧網本線、北浜駅近く。
踏切脇から撮影。
セイコーマートが近くにある。


後記
本当は近くの白鳥展望公園の展望台からノロッコ号を撮影するはずだった。
いや、撮影はしたのだが、イマイチだった・・・
いつの日か、また雪のある季節に訪れてみたい。

なにげなく写しているキハ40系だが、少しずつだが減ってきている。
懐古主義者というわけじゃないが、写せる時に写しておかないと。

後進

北海道
02 /03 2015
撮影時期:2011年3月中旬

SL冬の湿原号(ただし、試運転中)。
P3180195.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

国道391号線の陸橋上から撮影。
歩道があるので安全に撮影可能。
駐車は遠矢駅で。


後記
サルボ展望台近くで撮影していて、思いもかけずに試運転に遭遇。
もしやと思い、戻りの時間を調べてココで待ち構えていると、思っていた通りやって来ました。
待っている間、下校途中の小学生達から「こんにちは!」と挨拶された。
もちろん、こちらも挨拶を返した。
写真を撮ることより、地元の人達と触れ合う方が楽しいと感じ始めたのがこの頃からだったかな。

写真的にはもっと上に余裕を持たせて煙をいっぱい入れた方が良かったな。
この頃はまだそんな事を気にするような余裕は無かったが。
昔の写真を見てると、撮り直したい写真が多数。
数年後、同じような思いをしないよう、普段から練習するしかないか。