FC2ブログ

カエルの啼く頃

近畿
05 /26 2019
撮影時期:2017年5月下旬

田植えも終わり、苗も根付き出した頃。
まだ僅かに水鏡が残っている頃。
この頃がカエルの鳴き声が煩い頃なんですよね。

P5280070.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

近江鉄道、高宮駅の近く。
舗装されていない農道から撮影。
農道上に駐車は可能。



後記
一見何も無い所に見えるが、車を降りて歩き回ると色々なモノがあります。
有名撮影地へ行くには乗用車で行くのが一番ですが、自分で撮影地を探す場合は駅間を歩く方が良いかも知れません。
スポンサーサイト



梅雨入り前の季節

近畿
06 /05 2017
撮影時期:2017年5月下旬

梅雨入り前のこの季節が一番良いね。

P5280095.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所

近江鉄道、高宮駅と尼子駅の間、犬上川の堤防から撮影。
画面右側には新幹線が走っている。
うまくタイミングが合えば、並走?しているところも撮影は可能。
新幹線のガード下で駐車可能です。


後記

PLフィルター使ってます。
なのでちょっと変な色調になってしまってます。
青空を綺麗に出すためにPLフィルターがよく使われますが、鉄道写真の場合は鉄の反射光も取り除かれるため、ちょっと変になりますね。
それでも、空の青さと草むらの緑が映えて良い感じになってくれました。

五月の青空の下

近畿
05 /28 2017
撮影時期:2017年5月下旬

昔ながらの田園風景が残っていて、ちょっと安心した。

P5280084.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所

近江鉄道、高宮駅の近く。
犬上川沿い近く、新幹線と近江鉄道の間から。
乗用車でも来られるが、途中、大変細い道を通る必要があるので要注意。


後記

新幹線の車窓から眺めていて、ずっと気になっていた場所。
本当は坂を登った先にある踏切を、坂と一緒に撮りたかった(小湊鉄道に似たような場所があったはず)。
実際に行ってみると、坂の両側には転落防止用の手すり?があって、風景的にイマイチだった・・・

この辺りの田んぼを見ていて気付いた事。
動物除けのネットや電気柵が無いんだよね。
山からも離れているし、そういった問題が無いのだろう。
おかげで自由なアングルで撮影が出来た!
最近はどこ行っても電気柵が邪魔して、思うような写真が撮れないんですよね。
まぁ、農家の人にとっては死活問題だろうから仕方ないんだけど。

新幹線の通過音と鳥のさえずりしか聞こえない、長閑な時間を過ごせた

赤い橋を渡る近江鉄道

近畿
05 /06 2017
撮影時期:2011年4月下旬


まだこの電車、走ってるのかなぁ?

P4301131.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

近江鉄道水口城南駅近く。
野洲川に掛かる内貴橋の橋上から撮影。
歩道があるので安心して撮影できるが、自転車の通行量が意外と多かった記憶がある。
もっとも難しいのが、駐車場所。
近くに停められるスペースが無い。
探すのに苦労した記憶がある。
少々離れていても、問題ない場所に駐車して歩いて来る必要がある。



後記

最近、近江鉄道の撮影に全然行ってないなぁ・・・
変わってないのだろうか?
橋の上での撮影、思っている以上に揺れます。
ここで鉄撮りしてる人は滅多にいないのか、道行く人にジロジロ見られます(笑)
俺が怪しい人間に見えただけかもしれないが。
鉄撮りする時は堂々とした態度で振舞った方が良いのかも。

堂々と=ノーマナー、じゃないですよ。
「鉄道を撮ってるんだ!」と自信を持って撮影していれば、怪しい目で見られないと思う。
多分。

盆地の冬

近畿
01 /27 2016
撮影時期:2013年2月下旬

背景は御在所山から藤原岳へと連なる鈴鹿山系の山。
こうして見ると改めて盆地であることを実感します。

P2233995.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

近江鉄道、日野駅近く。
歩道があるので撮影場所は問題ない。また、駐車場所も歩道近くに空き場所があるので問題ない。
問題は、この写真では分かりにくいが獣防止用のフェンスが線路沿いに設置されていることか。
最近はこの獣除けフェンスが至る所にあるので撮影場所に困るかもしれない。


後記
平地では雪が積もる事はほとんどないが、県境の山々は冬の間は必ず白くなる。
盆地は、日の出は遅く、日の入りは早い為に日照時間が短く、冬は意外と寒い。
やっぱり寒くても外に出て写真を撮り貯めないとダメですね。
ストックが尽きかけそうです。

ある雪の日

近畿
01 /24 2016
撮影時期:2014年1月中旬

冬景色。
同じ盆地内ですが、湖北、湖西、湖南、湖東と琵琶湖周辺で結構大きく異なります。
湖東地方でコレだけの雪が積もるのは年に数回あるかないか、です。

P1190257.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

近江鉄道、河辺の森駅の近く。
除雪はほとんど行われていない。
駅からも徒歩で来られるが、除雪されていない道を歩くので注意。


後記
年に数回しか積雪がない。
なので、積雪かつ休日だった場合は無理をしてでも撮影に行きたい。
そのためにも、普段から何処で撮れば良いのかを積雪をイメージして探しておく必要がある。
雪の似合う景色を雪が降っていない時期に想像するのは難しいかもしれないけど。