すれ違い

北海道
12 /18 2016
撮影時期:2016年2月中旬

あまり雪が積もらない地方に住んでいる俺にとっては、「冬はやっぱり雪が降らなきゃね」と軽く考えている。
実際、雪の多い地方に住んでいる人たちにとっての雪へのイメージはどんなだろう?

DSC_1146.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所
石北本線、女満別駅

歩道専用の跨線橋の上から撮影。
撮影に支障が出るような柵はない。
通行人や下を走る列車への運行に影響が出ないようにしたい。
そうでなくてもJR北は大変らしいので・・・
無駄な仕事を増やさせないようにしたいところですね。



後記
女満別空港から帰路へ着く前に撮影。
今年の秋に、ここではないが同じ石北本線の別の撮影地に向かったが、台風被害の影響により一部区間が運休だった。
既に復旧したとは言え、JR北海道にとっては痛かっただろうなぁ。
今まではレンタカーばかり使って、実はJRなど鉄道会社には何の利益にもなってなかったんだよね。
これからは鉄道も積極的に利用していこうと思う。
スポンサーサイト

ある日常

北海道
10 /27 2016
撮影時期:2016年9月下旬

当たり前のように列車が駆け抜けていく日常の光景。
この当たり前の光景がいつまで続くだろう・・・?

P9200052.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

石北本線、東雲駅の近く。
石狩川に掛かる橋を渡る列車を撮影。
レンズを適切に選択すれば、特急列車も十分撮影可能と思われます。
駐車する場合は、国道側から踏切を渡ったらすぐの場所に1台分の駐車スペースあり。


後記
ナキウサギ撮影目的で層雲峡、黒岳へ訪れた際に撮影。
300F4の他に実は150F2も持ってきてました。
使ったのはこの時だけだったけど。
こっちのレンズも相変わらずほんとに良いレンズだ。

北海道の自然

北海道
10 /08 2016
撮影時期:2016年9月下旬

台風当たり年。
そんな軽い言葉で済まされないですよね、実際は。

すぐに思い浮かぶ北海道の自然とはちょっと違うが、これも紛れもなく自然だよね・・・

P9200039.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

撮影場所

石北本線、中愛別-愛山の間にある石狩川に掛かる鉄橋。
その鉄橋の南側から撮影。
撮影場所はそこそこ広いため、4、5台なら余裕で駐車可能。
あいべつオートキャンプ場へ向かう道に入った直後、未舗装の上り坂を一旦登り、そのまま川に向かって下り、国道の下をくぐった所になる。

ちなみに対岸からも撮影可能。
ただし、駐車は1、2台分しかない。


後記
9月と言えば日本は台風シーズン。
7月下旬から10月まで、沖縄旅行は台風のリスクがある。
それを嫌って台風とはほぼ無縁の北海道へ旅の計画を立ててみた・・・はずだったが!
まさかの台風直撃、甚大な被害・・・
キャンセルしようかと思ったが、訪れる先は大きな被害が出ていたわけではなかったので、お金を使うためにあえて実行した。

さすがに一月ほど経っていたので、ちょっとは元に戻っているかと思っていたら、川の水は濁流のままだった・・・
川岸の草の倒れ方、木の倒れれ方から見ると、おそらく橋桁ギリギリまで水位があったようだ。

10月にようやく石北本線が復旧し、特急列車も運行再開したようだ。
残念ながら撮影時は復旧には間に合わなかったけど、何はともあれ復旧して良かった・・・

オホーツク1号

北海道
02 /18 2016
撮影時期:2016年2月中旬

季節外れの霙が降る中やってきた。
例年より暖かい日だったらしいが、それでも充分寒い・・・

DSC_1144.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所
石北本線、女満別駅

螺旋を描いて登る跨線橋から撮影。
スロープは凍結防止措置がされており、雪は積もっていない。
誇線橋の上も金網など邪魔になる様なものも無いので大変撮り易い。
自家用車で来る場合は、駅の駐車場(多分、無料)が利用できる。


後記
極寒の道東、道北の旅を覚悟していたが、記録的な暖かい日に当たってしまった・・・
雪なら振り払えるが、霙や雨は機材がビチョビチョになっちゃうんですよね。

帰路の飛行機が天候調査中で怪しかったが、レンタカーを返す前に立ち寄って撮影。
欠航とかになったらどうするんだろ?
宿代は自腹か?
ちょっと遅れただけで無事に帰れたから良かったけどね。

もうそろそろこの列車も見納めかな?
特徴的なスタイルだよね。
真正面ではなく斜め前から狙った方が良かったかもしれないと後悔中・・・