黄昏時

近畿
12 /29 2016
撮影時期:2013年10月下旬

某映画で「黄昏時」がキーワードで出てましたね。
「誰そ彼」の時であるそうだ。

PA270728.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

東海道新幹線、京都-米原にある、古墳の上から撮影。
甲山古墳の駐車場が利用できる。
恐れ多くもお墓の上なのであまりお勧めは出来ないが・・・



後記

結局、その映画は2回も観てしまった。
僅かではあるが興行成績に貢献した事になるな。
もともとの目的が女の子との会話のきっかけ作りという、とんでもない(笑)邪なものだった。
二度目は素直な気持ちで観てみようと思ったからである。

肝心の女の子との会話では、この映画の内容で話が盛り上がるような事は一度もなかった・・・


日常の何でもない時に、非日常を感じる事はあっても、他の人がいる時は何故かそれを感じない。
会話をする事、あるいは、(相手がどんな人であれ、多少の)気遣いをする事に意識が捉われてしまっているから。
一緒に非日常を感じられるくらいの仲になれるものなんだろうか・・・?
そういう仲の人と一緒に過ごすことに憧れるなぁ・・・
が、憧れで終わるだろうな。

だから今も独りでいる事をやめられないのかも知れない。
非日常を、自分独りの時間を持ちたいから。
スポンサーサイト

祝!新幹線50周年

中国
10 /01 2014
撮影時期:2014年9月下旬


本当に素晴らしいことです。

先日、ウサギの島へ行く際に久々に利用しましたが、居住性は飛行機より格段に上(ビジネスやファーストクラスは知らん)。
何より、安心感が半端無い。
あの加速感が堪りませんわ。
どこかの大陸で走っている似非新幹線はまだ体験していませんが(まだ命が惜しいので)、この本物の新幹線は日本の誇りですね。

P9281486.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所
福山駅構内

窓の面積、左右対称かと思ってたら、運転席側の方が幾分広いんですね。



先頭車両の車内は運転席側の天井が段々と低くなっている構造になってます(まっすぐ伸びる天井の蛍光灯の列がカーブを描いている)。
もう、それだけでも堪りません!
効率(乗車人数)が悪いのは分かりますが、こういった遊び心?を持った車両はこれからも出して欲しいなぁ・・・
P9281494.jpg
撮影データ、撮影場所
同上



P9281801.jpg
撮影データ
同上

撮影場所
三原駅構内

昔の新幹線(0系)の写真は手元に無いのですが、あの頃から随分と様変わりしたけど、信頼できる乗り物、としては今も昔も変わりませんね。
車両だけでなく、運用方法、サービス等、すべてが一流だと思います。

開業50周年、おめでとうございます。