ヒグラシの鳴く頃に、その2

近畿
07 /04 2016
撮影時期:2015年7月下旬

梅雨は鬱陶しいが、それがあるから夏が待ち遠しい・・・

P7260498.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

姫新線、千本駅と西栗栖駅の間にある、鳥居から撮影。
以前にも投稿している場所と全く同じ(こちらの方が1本後の列車)。
鳥居周辺に2、3台なら駐車可能。
ただし、ここまで行き着く為の農道は道幅狭し。
千本駅からは歩いて15分くらいか。


後記
汗水垂らして千本駅から歩きました。
車ならエアコンつけてスイッと訪れられると思いますが、たまにはこういうのも良いですね。

以前に投稿したのはD700で撮影したこれより1本前(約15分前)の列車。
似たような画角のレンズを2台のカメラに取り付けて、何をしたかったのだろうか・・・?
今はもう思い出せない・・・

夏はまだ始まったばかりだったのに、ヒグラシ達の鳴き声が凄かったのを覚えています。
この夏も自分の原風景を探しにどこかへ出掛けようか・・・?
スポンサーサイト

夏の青空の下

近畿
07 /30 2015
撮影時期:2015年7月下旬

梅雨もあけ、2015年の夏がこれから始まる。
毎年狂うことなく、必ず当たり前のようにやってくる夏。

あと何回夏を迎えられるだろう。

DSC_5924.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

JR姫新線、東觜崎駅近く。
橋の東詰から堤防に入ってすぐの所で駐車可能。
反対側の堤防は車道になっており、運が悪いと踏切で停まっている車(特に大型車)が入ってしまう可能性あり。
カメラ位置を工夫して鉄橋で隠すように撮るのが良いかもしれない。


後記
珍しく鉄道を使って撮りにいった。
駅から歩いて10分だったか15分だったか。
最初は良かった。
途中から汗が滝のように流れ落ちてくる!
堤防へ到着した時、対岸では多くの人が遊んでいた(BBQ?)

対岸の堤防を走る車のフロントガラスの反射がチラチラと輝く。
三脚を立て、列車が来るのを待つ。
炎天下の中で!

好きでないとやってられないな。

ヒグラシの鳴く頃に

近畿
07 /27 2015
撮影時期:2015年7月下旬

カナカナカナカナ・・・・
ヒグラシの鳴き声。
赤い鳥居。
抜けるような青空。

日本の夏がココにあった。

DSC_5948.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

JR姫新線、千本駅近く。
鳥居の前はちょっとした空き地状態となっているので、2、3台なら駐車可能。
細い農道を通らないと行けないが、交通量はそれほど多くない。
ただし、集落内を抜ける際は慎重に通り抜けたいところ。


後記
自室から鉄道利用で訪れた。
もちろん、駅から徒歩。
歩く距離はそれほどないのだが、炎天の下、カメラ2台(E-M1、D700)、レンズ3本(ZD12-60、ZD150F2、AFS28-70)、さらに非カーボン三脚(マンフロットのギア雲台付)。
滝が汗のように滴り落ちてきて大変だった。
帽子は被っていたが、出来ればバンダナが欲しかった。
眉毛に溜まった汗がボタボタと落ちてくるのには参った・・・
山歩きしている人にバンダナしている人が多い理由が分かった気がする。


入道雲があれば完璧だったのになぁ~
あと、車両がステンレスカーになってたのも・・・

まあ、良い。
これが2015年の夏だ。
いつかはこれも懐かしい風景になるだろう。