只見川を見下ろす

東北
12 /30 2014
撮影時期:2013年4月下旬

関西在住の人間からすると、東北地方の山(というか樹木)は明らかに違うというのが分かる。
その境がどの辺りから、というのは分からないが、明らかに違う。
南北に長い日本列島ならでは、なのかな。
北海道とも違う、東北地方独特のこの雰囲気が私は大好きです。
P4284792.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

只見川の橋梁を見下ろす超有名お立ち台。
駐車は近くの道の駅。
道の駅から国道沿いを歩いて橋を渡り、すぐの所に登山?道があるのでそのまま登って行った所。
途中、拓けた場所がいくつかあるので好みの場所で。
この写真は送電線の鉄塔がある辺りからとなります。
ベストな撮影時期は川霧が発生し、川の水量も豊富にある時期じゃないかと思います(いつ頃かは知らんけど)。


後記
2013年GWに東北へ旅行した際に撮影。
関西から出発し、行きは会津若松で1泊(この写真は宿泊前の昼過ぎに撮影)して久慈へ。
帰りは五色沼で2泊して帰還。
久慈を目的地とした場合、福島県がちょうど中間点なんですよね。
そのついでに撮影。
いつもの如く、列車がある箇所にだけ雲の影が掛かる。
翌日、会津若松の宿を早朝にチェックアウトしてもう一度ここに来て撮影。
そこで某GANREFの撮影隊と出会う(マイクロバスだったかワゴン車だったかからぞろぞろと現れたのにはびびった。平日早朝、誰も来ないと思ってたので)。
あと、同行されていた某鉄道カメラマンN根氏が意外と若かった(失礼!)のにも驚いた。
ちなみにこの時(4月下旬の一番列車狙い)は太陽の光がまだ当たらない状態だったのでイマイチ・・・
時期、天候ともにあまり納得のいくものでなかった(もちろん自分の撮り方にも)。
なのでもう一度訪れたい撮影地です。
スポンサーサイト

夕暮れ、只見線

東北
08 /29 2014
撮影時期:2013年4月下旬


この日は燃えるような赤い夕日でした。
春とは思えない雰囲気だが、田圃に水を張るほんの僅か前、微妙な、なんとも言えない時期。
P4284883.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

蓋沼森林公園に向かう道路のゲート付近からの撮影。
もう一方(北側に位置する)の道路からも撮影できるようなので、好みの場所から撮影は可能。
ただし、木が成長しており、見晴らしが良い場所は限られてくるかもしれない。
列車が走っていないと、どこに線路があるか一見分かり辛い。
まずは踏切を探しだし、それを目印にすれば線路の位置を掴み易いかも。
双眼鏡を持参する事を勧めます。


後記
2013年GWに東北へ旅した際に撮影。
この翌日の朝、会津西方付近で撮影しているとGANREFの撮影隊一行(某プロ随行)に遭遇。
撮り鉄ツアーに遭遇したのはこの時が始めてだった・・・
楽しそうだな。