タヌキの里へ

近畿
01 /13 2016
撮影時期:2012年10月初旬

タヌキの里へと向かう高原鐵道。

PA071191.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道、貴生川駅から車で10分ほどの山の中。
ダム(貯水池)からの撮影となる。
国道からここへ向かう場合、最も近いところから脇道に入ると坂を下りたところの鋭角の曲がり角が曲がり辛い。
上り坂が始まる辺りの集落へと入る脇道から入った方が容易に辿り付けるだろう。
この時は季節がよかったのか、ダムのすぐ傍まで車で登って来られたが、季節によっては難しいかもしれない。
その場合は、国道のガード下辺りに駐車するのも可。
実はこのダムの道をそのまま進んで行くと、小さな墓地に出る。
更に進むと線路に出る。そこからの撮影も可能であるが、くれぐれも線路に近付き過ぎないようにしたいですね。



後記
地図と睨めっこして見つけた撮影場所。
意外と自分が通ってきた道のガードが目に付いてしまうね。
まだまだ多くの撮影場所がありそうなので、少しずつ開拓していこう。
スポンサーサイト

年の瀬

近畿
12 /27 2015
撮影時期:2014年12月下旬

大晦日の早朝。
最近、霜柱を踏んだ記憶が無いな。
寒さ以外に冬を実感する機会が少なくなった気がする。
都会を離れればちょっとは実感できるようになるのかな。

PC319507.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道、貴生川駅の近く。
徒歩でも来られるが、ちょっと歩く必要あるかも。
自家用車の場合は線路沿いの農道が比較的広い為、駐車可能。
この方向だと、どうしても高圧電線が入ってしまう。
色々とアングルを変えて目立たない様にした方が良いかも。


後記
年末になると思い出したかのように大掃除を始める人が多いが、わざわざこんな寒い時期にしなくても・・・と思うのは俺だけか?
もっと暖かい時期、9月頃に大掃除を済ませ、新年前は軽く済ませた方が効率的だと思うんだけどなぁ。
その分、他のことにも時間を使えるし。
実家に帰ると典型的なこのパターンなんだよな。
世間が忙しくしているから我が家も忙しくしないといけない、こんな雰囲気。
俺は嫌だね。
メリハリを付ける事は良いことだが、無駄にイライラしたりするの。
普段どおりに、でも、気持ちは新たに、そんな年末年始を過ごしたい。

紅葉前の森の中

近畿
10 /12 2015
撮影時期:2015年10月中旬

高原鉄道らしい写真を狙ってみた。
PA119723.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道、貴生川-紫香楽宮跡の間にある、旧信号所付近の踏切脇から撮影。
この区間の踏切はおそらくココしかないだろうから、すぐに分かる。
線路と国道の間や、踏切渡った所等、駐車場所は十分にある。


後記
カメラの話になるが、EVFのE-M1よりOVFのE-5の方がやっぱり良いなぁと感じる。
そりゃ、E-M1の方が新しいし、軽いし、良いところは多そうだが、E-5の方が”カメラらしい”感じがするんだよね。
まぁ、機材のことで薀蓄垂れている様じゃまだまだなんだろうけど。

いつも通り曇天だったので、空が入らない構図を探してみた。
それに、高原鉄道とは名ばかりで、なかなか高原っぽいところがないんだよね、この路線・・・
なのであえて森の中を探してみたのだが、誰もが真っ先に見つけるであろう、この撮影地くらいしか見つけられなかったわ(笑)
あとは構図をどうするかで個性を出すしかないね。

夏の初め

近畿
07 /07 2015
撮影時期:2013年7月中旬

梅雨明け。
いつの間にか明けてるよね。
いい歳した大人になっても、夏に入ると意味も無くワクワクしてしまうのは何故だろう・・・
精神年齢が止まっているせいだろうか?

P7156981.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道、信楽駅の近く。
車で来る場合は川の土手に駐車するしかない。
土手と言っても、道は無いが。


後記
夕方前に撮影。
この時は7月中旬だったが、既に夏の雰囲気だった。
赤い鉄橋見てると何故だか遠い昔を思い出してしまいます(まだそんな歳じゃないけどw

神社の森を駆け抜ける

近畿
06 /11 2015
撮影時期:2013年8月上旬

蝉時雨の中、やっと現れた列車が一気に駆け抜けていった。
P8047124.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道雲井駅近く、日雲神社参道傍の木立の中から撮影。
駐車は日雲神社参拝社用駐車場が利用できるが、イベント時の利用は避けたほうが良い。

列車が来るまでの間、日雲神社に寄ってみた。
時間潰しの為に寄ったのだが、ちょうど倭姫命にまつわる催し物をやっておられた。
冷えたお茶まで頂いて、大変失礼しました。
そんな神社の傍を走り抜けていく鉄道。
とてもシュールです。

夕焼け空の下

近畿
06 /01 2015
撮影時期:2009年10月下旬

何だかよくわかりませんが、学生時代を思い出します。
いつもの日常が半永久的に続く、とまでは思ってなかったけど、
いつもの日常がいつの日か変わってしまう確実な未来を想像してなかった。
否、正直言おう。
2日先のことさえ何も考えてなかった。
ただ繰り返される毎日。それ以上もそれ以下も無い。
何も考えてなかった。
その結果が・・・
PA310168.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-3
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

信楽高原鐵道貴生川駅の近く。
杣川の西側(住宅地が無い方)から撮影。
駐車は農道もしくは堤防上の邪魔にならない場所へ。
貴生川駅から歩いてもそれほど遠くは無い。


後記
デジカメを初めて手にした頃に撮影。
何の操作も無く(現像処理は必要だが、フィルムの時のようにスキャンする手間も無く)PC上で写真を見られることに感動していた頃だ。
写真の撮り方、全然変わってないなぁ・・・
いや、むしろ、この頃の方が良い(何となく気持ちが篭った)写真を撮れてたんじゃないだろうか。
夕方のこの時間に撮影に出掛ける気構えそのものが、今の俺に足りないモノかも知れない。