トロッコ列車

近畿
11 /27 2016
撮影時期:2016年11月中旬

紅葉の頃のトロッコ列車

DSC_6949.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所
山陰本線、保津峡駅構内

ホーム上からの撮影となりますが、狭いです。
三脚を立てたら他の乗客の迷惑になる事くらい容易に想像できると思います。



後記
ホーム、狭いのですが、皆さん堂々と三脚を並べて撮影されてますね(笑)
確かにこの駅で降りる人のほとんどが、ココでの撮影だと思いますが、「常識」というものを身に付けたいところです。

写真のほうは見て分かるとおり、後ろから狙ってます。
嵯峨野駅で機関車の入れ替えは行われず、亀岡へは逆走するような形で運行されるようです。
機関車を先頭にした写真を撮る際は、亀岡⇒嵯峨野行きの列車を撮影するしかないです。
その場合の撮影場所は、限られてくると思いますが、探せばいろいろとありそうです。

元の写真(未加工)がこちら。
DSC_6949o.jpg
撮影データ
同上

ファインダー覗いてる時点で気付きます。
凄く霞んでます。
当然、日にも因るんでしょうけど。

むしろ、raw現像でココまで救えるんだな、と。
普段使っている現像ソフトは、SILKYPIX Developer Studio 7。
雑誌や解説書、ネット上での手引きなどではほとんどがPhotoshopなんですよね・・・
こっちの現像ソフトも結構良いと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト

嵯峨野、トロッコ列車

近畿
11 /02 2014
撮影時期:2013年11月下旬


旧山陰線を走る嵯峨野トロッコ列車。
PB200195.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

JR保津峡駅のホームから。
ホームと言っても橋も兼ねているので、列車(特に通過列車)が来るとそれなりに揺れます。
午前中は逆光となるので、晴れた日は午後から狙った方が良いと思われます。

なお、一応乗用車でも来られます。
その場合はJR保津峡駅の駐車場(そんなに多くは停められない)に停めることになります。
府道50号線経由で来る事になりますが、保津川沿い辺りは対向車とのすれ違いがほぼ不可能。
乗用車で来られる場合は、それなりの覚悟が必要(平日なら余裕)。

途中、六丁峠辺り(峠の頂点より少し下がった所)から、トロッコ保津峡駅やトロッコ鉄道のトンネルを挟んだ反対側(JRと交差する辺り)を狙うことも可能。ただし、ロングショットとなるので空気が澄んでいる時に限る。



タイミング次第では、船下りとのツーショットも狙えます。
PB200284.jpg
撮影データ
同上

撮影場所
同上

午前中(正午前)はこの通り、もろに逆光となります。
午後からの方がオススメ。
その代わり、人も多くなりますがw



反対ホームからトンネルも狙ってみた。
PB200307.jpg
撮影データ
同上

撮影場所
同上(反対ホーム)

トロッコ列車待ちの際にどうぞ。
なお、駅前の駐車場からトロッコ保津峡駅方面を狙う構図もあります。
午前中はまったく日が当たらないのですが、午後(15時頃)に良い具合に日が当たるようです(16時になるとまた日陰になる)。


後記

2013年11月某日、平日に撮影。
早朝に叡山電鉄鞍馬線に行ってみたが、太陽が山に隠れて紅葉が綺麗に撮れず。
その足で保津峡へ向かってこれらの写真を撮影。
紅葉シーズンの休日だと京都市内の移動すらままならないだろうなぁ・・・
京都での撮影は平日に限る。