お寺専用踏切

近畿
06 /03 2016
撮影時期:2013年5月中旬

この路線、色んな所に見所があって楽しめます♪

P5185747.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

撮影場所

京阪石山坂本線、松ノ馬場駅と坂本駅の間にある、寶林寺にある踏切。
付近は住宅街なので駐車場所は無さそう。
駅からも近いので鉄道利用した方が楽しめると思います。


後記
松ノ馬場-坂本は散歩しながら撮影するのに向いてると思います。
この路線はラッピング電車の運行も多いので本当に楽しめます。
スポンサーサイト

ラッピング

近畿
04 /06 2016
撮影時期:2014年5月中旬

さて、今は何のラッピングで走っているのでしょう?

P5110131.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

京阪電鉄石山坂本線、松ノ馬場駅近く、小川の橋(鉄板)の上から撮影。
以前は無かったが、今はフェンスが張られているので撮影場所はほぼ限定されると思います。
駐車場所は適当に探してください。どっかにありそうです。
出来れば電車で訪れることをオススメします。
乗っても良し、撮っても良し、の路線です。


後記

以前に全く同じ場所から撮影した記事を投稿済み。

この路線、常に何かしらのラッピング列車を運行しているので、いつ行っても楽しめると思います。
お目当てのラッピング列車があれば、絶対に見に行くべき所です!

ラッピング列車以外にも見所は沢山あるので、1日乗車券の購入がオススメ。

実は急勾配

近畿
04 /22 2015
撮影時期:2013年5月中旬

商店街を突き抜ける電車。
P5185814.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

撮影場所

商店街(アーケード)の中から撮影。
言うまでも無いが、駐車は不可能(おそらく車両通行不可)。
近辺のコインパークを利用するか、鉄道で訪れることになる。


後記
以前は2両編成の車両だったが、地下鉄開通後は乗り入れ可能な新型車に置き換えられた。
京阪山科-三条の併用軌道はなくなったが、浜大津-京阪山科間も十分楽しめる路線だと思う。
ただ、やっぱり車両は昔の方が良かったな。
ウゥ~~~ン、と唸りを上げるあの独特な発車時モーター音がもう聞けないかと思うとちょっと寂しい。

街中を通り抜ける

近畿
04 /12 2015
撮影時期:2013年5月中旬

昭和臭が残る旧い街並みを駆け抜ける痛電。
P5185811.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

撮影場所

民家用?の小さな踏切から撮影。
パンタグラフが予想以上に高いので、切れないように写す場合は上部に余裕を。


後記
併用軌道での撮影もすぐに近くで出来る(歩いて5分ほど)。
走っている電車も色々なラッピングが施されているので飽きずに撮影できる、俺の中ではイチオシの路線。

琵琶湖疎水の上で

近畿
11 /23 2014
撮影時期:2014年11月下旬


常に何かしらのラッピング列車を運行している路線。
PB230518.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

北国橋の歩道上から撮影。
歩道は結構広いので三脚可。
街中なので駐車はコインパーキングを適当に探すしかない。
京阪石山坂本線と京津線(浜大津-御陵)乗り放題の1日乗車券が500円と安いので、鉄道で来られることをオススメします。



このラッピングは本当に息が長い。
観光客が多い浜大津駅ではラッピング列車が来る度に、驚いた観光客が慌てて撮影に勤しむ。
そんな光景ももう見慣れてきたな。
PB230540.jpg
撮影データ、撮影場所
同上



澪ちゃんの顔に横線がぁぁぁぁぁ!!!!!11111
PB230582.jpg
撮影データ、撮影場所
同上

今まで良い具合に曇っていたのに、本番で陽が射しますかっ?!
こういう場面ではいつも通り曇ってりゃ良いんだよっっっっっ!!!!
ksg!!!1

この後一旦車庫に引き上げるっぽいので、次回まで待っていられず、そのまま撤収。



ちなみにカメラを持った他の人達はこちらの写真を撮っておられるようでした。
PB230545.jpg
撮影データ
同上

撮影場所
同上の撮影地付近

桜の季節になると殺人的な混雑状況になる撮影地です。
こちらの写真もカモフラージュのために撮影していくことをオススメします(何のカモフラージュだ?)。


後記
ユスリカ?が大変多かった。
いや、マジで。
虫除けを持っていくことをお勧めします。


なお、写真にある「鉄道むすめ ~鉄道制服コレクション~」はTOMYTECに、「ちはやふる」は「ちはやふる・大津」キャンペーン実行委員会/講談社、末次由記/講談社に、「けいおん!」はかきふらい・芳文社/桜高軽音部に著作権が帰属されます。

京阪石山坂本線のラッピング電車

近畿
08 /07 2014
撮影時期:2014年5月


いつの頃からか、京阪石山坂本線(石坂線)にラッピング列車が走るようになりました。
今では通常(ラッピングが全くされていない)車両に出会うほうが稀な状況です。
この先もこの路線を継続して欲しいですね。


まずは京阪本線を走る特急の色を模した車両。
厳密にはラッピングとは言えないか。
P5110056.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

数年前までは柵が無く、自由に撮影場所を選べたのですが、今は柵の無い小川の上(鉄板の上)からの撮影に限定されます。


石坂線唯一の併用軌道区間、三井寺-浜大津間にて
P5110266.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

標準~広角で狙ったほうが良いと思います。
ここの京阪を撮ってるとパンタグラフが画面から切れてしまうことが多々あります。
どちらから撮っても前パンになるので構図を決める際は画面上部に余裕を持たせるように意識して撮ってます。



最近流行り?のパト電。
当たり前ですが、警官は同乗されてません。
P5110282.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所は上と同じ。



時期によってラッピングの種類は様々。
アニメ系の映画の宣伝によく使われたりしてます。
こういう街中を走る路線は広角系レンズで狙う方が良いのだろうが、望遠系で切り取る様に撮影するのが好きなんですよ。
P5110293.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所は上と同じ。

運が悪いと撮影する時に通行する車や自転車と被ってしまいます。
併用軌道の宿命なので諦めましょう。
あと、トラック等の大型車が路駐してるときも諦めるか、しばらく待つしかない。



今まで「けいおん!」、「中二病」と京アニ製作の映画が公開される度にラッピング電車で宣伝してるようです。
今後も同様にラッピングで宣伝される可能性が高いのでそれを狙ってみるのも良いかもしれない。
ただし!
正直に言おう!
超恥ずかしいぞ。
P5110421.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

1Day切符を購入することをお勧め。
気兼ねなく途中下車してお散歩鉄道写真が撮れます。



さっき(3つ上)の写真を撮ってから1時間ほどか。
この路線は約1時間で往復してるようなので予定が立て易い。
1時間待てば同車両を同方向から狙えるが、運が悪いと途中(近江神宮)で車庫に戻されてしまい、しばらく帰ってこないので注意ですな。
P5110449.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

撮影場所

上の写真を撮った場所(踏切)からちょっと離れた所。
踏切が動作しているとはいえ、遮蔽物から飛び出す列車をタイミングよく捕らえるのは結構難しい。
鉄道撮影を始めてしばらくしてから気付いた。
聴覚が意外と大事だと。
遠くから鳴り始める踏み切りの音、トンネルを通過する音、などなど。
三脚+レリーズケーブルでも音は聞こえる状態にしておいた方が良い。
携帯音楽聴きながら待ちをしているが、通過5分前にはイヤホン外してスタンバイ。



ここまで来ると、ほんとラッピングされて無い車両に会うほうが難しいな。
P5110556.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

撮影場所

逆光位置であってもトップライトに近い光線状態(撮影は正午前)なので光線状態はそれほど悪くない。
見た通り、石山寺駅のすぐ近くなのでお手軽な撮影地でもある。



シンメトリーな構図を狙ってみた。
P5110585.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

この地図だと線路脇から撮っているようだが、地図には無いが実はホームは2本あり、瀬田川方面にあるホーム突端から。



後記
一度訪れただけでは廻りきれないほど撮影地が多い路線です。
むしろ、気合を入れて撮影するより散歩するつもりで何度も訪れて、その季節毎の写真を狙ったほうがいい感じだと思う。
そのためにも1Dayチケット入手は必須ですな。
SDIM0332.jpg
今回はズームレンズは持たす、あえて単焦点レンズのみで撮影。
まぁ、ほとんどが望遠(300mm相当)なわけだが、望遠で切り取る写真が好きなんですよ。
お散歩撮影のつもりだったが、望遠レンズを持って「散歩」するにしてはちょっと辛い。
それでも他社の300mm相当レンズに比べれば軽いので助かるが。


なお、写真にある「ちはやふる」は「ちはやふる・大津」キャンペーン実行委員会/講談社、末次由記/講談社に、「中二病でも恋がしたい!」は虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会に著作権が帰属されます。