古都の夏

近畿
09 /01 2016
撮影時期:2013年7月中旬

京都の夏は半端なく暑い。
温度計では示されない暑さだ。

P7126686.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

京福電鉄嵐山本線の車折神社駅前から撮影。
神社の前に駅があるので、動くのが苦手な人でも難なく訪れることが出来ると思う。
駐車場はどこかにあるのかもしれないが、どうせなら電車で訪れたいところ。


後記
電車はいろんな種類(ラッピング?)があるので、気に入った車両が来るのを待った方が良い。
この時は蚊の来襲から逃れるために長居していない。
もっと粘りたかったんだけどなぁ。
良いタイミングで女の子がチャリで通り掛かったのが救いだった。
虫除けも鉄道撮影には必須ですね。たとえ街中であったとしても、だ。
スポンサーサイト

青空の下、満開の桜の下で

近畿
03 /15 2016
撮影時期:2011年4月中旬

青空と桜、そして電車。

曇り男の自分にはなかなかこの組み合わせに巡り合えない。

P4100942.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所

京福電鉄、宇多野-鳴滝の踏切、ではなく、踏切に成り切れなかった場所の近くから撮影。
駐車するところは不明。
せっかくなので鉄道で訪れた方が良いとおもいます。


後記
この日はもともと南禅寺のインクラインを撮影するつもりで、早朝から京都へ向かった。
インクラインを撮影後、琵琶湖疏水沿いを歩いて南禅寺へ。
南禅寺の桜も満開だった。

このまま帰るのは勿体無いと、思い付きで向かったのがこの京福電鉄、鳴滝-宇多野。
有名な撮影地なので人は多いが、撮影場所は数多くあるので散歩しながら楽しめる、良い撮影地帯でした。
電車も10分おきにやってくるので散歩撮り鉄には最高の場所だろうと思う。

そろそろまた行きたいですね。

境内から

近畿
04 /07 2015
撮影時期:2013年7月中旬

文化財の宝庫、京都の街を紫の電車が行く。
P7126787.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

京福電鉄太秦広隆寺降りてすぐの所。
京都、広隆寺の境内から山門の間を通して撮影。
境内なので三脚は使わない方が良い(使えるかどうかは不明)。
この時は観光客(参拝客)が少なかったが、観光客(参拝客)が多い時は邪魔にならないように。
(そうでなくても、最近の撮り鉄への風当たりは厳しいので)
ここは併用軌道なので手前に車が通過する可能性アリ。
その場合は諦めるしかないが、運行間隔は短いので何度でもチャレンジは可能。


後記
そんなに早い電車ではないが、通過は一瞬。
予め近くの太秦広隆寺駅の発車時刻を調べておき、通過1分前辺りからスタンバイ。
すぐ傍でお坊さんが竹箒で掃除されていたのだが、撮影が終わるまで掃除を止めていただいていたようだった。
大変恐縮です・・・
背景の文房具屋が気になるが、まぁ、これもこの時代を写し撮ったと思っておこう。

続、桜のトンネル

近畿
03 /31 2015
撮影時期:2011年4月上旬

サクラと列車。
やっぱり春はサクラだね。
いつ見ても良い。
たとえそれが人の手によって造られたものだとしても。
P4100823.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

京福電鉄鳴滝駅を降りてすぐの踏切の傍から。
踏切の傍に桜の木があるので、その下から撮影。
タイガーロープやライトアップ用の照明など気にしていたら何も写せないのでその辺りは割り切りを。


後記
午前中に撮影したが、それでも人が多い。
電車は10分間隔でやってくるので飽きることなく撮影できるので大変楽しめる路線だった。
今年も週末に見頃を向かえる京都の桜。
人が多くても出掛けてみる価値は絶対にある撮影地でした。

桜のトンネル

近畿
03 /04 2015
撮影時期:2011年4月中旬


サクラ色の電車が桜のトンネルを抜けていく・・・
P4100905.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

踏切はないので南側からアクセスする必要がある。
撮り鉄で賑わう撮影地だが、ずっと居座っている人はいないので気長に待てば良い場所は取れる。
宇多野-鳴滝間に多くの撮影ポイントがあるのでゆっくり探しながら散歩するのが賢い撮影スタイルかもしれない。


後記
日曜日。
それも大晴天。
桜満開。
こんな年、そうそう無い。

本当は南禅寺にあるインクラインの桜を早朝から撮りに行ったのだが、時間が余ったので気紛れにこっちに出向いてみた。
昼前から昼過ぎまで、のんびりと散歩しながら花見がてらの撮り鉄。
こんな贅沢、日本ならでは、だよね。
日本に生まれて良かった!!!