FC2ブログ

お花に囲まれて

近畿
06 /03 2020
撮影時期:2020年5月下旬

人間の世は自粛生活が続いていましたが、花はいつも通り咲いてました。

P5231575.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

撮影場所

京福電鉄(嵐電)、嵐山駅手前にある踏切内から。
踏切内からの撮影なので、Hit(Take) and Awayで。



後記
緊急事態宣言直後、勘違いして越境して撮影に行ってしまいました…
それはともかく、普段は観光客()でごった返す嵐山、嵯峨野。
この時はさすがに日本人だけだろう、と思っていましたが、甘かった…
いるわいるわ!!
どこから湧いて来たのか?
元から日本に居たのかな?
よくわかりませんが、半分以上は外人です。
全体的に観光客はかなり少ないのですが、外人率はやっぱりそれなりに高い(普段より低いですが)。
欧米人もそれなりに居ましたが、やっぱりあっち系が圧倒的に多いです…
もうヤダ・・・

ちょっと調べてみると、当たり前ですが、国際便、少ないながらも運行してるんですよね。
もちろんCやKからの便もある。
こんな状況で、何故大嫌いな国に来たがるのだろうか?
観光地だから外国人が訪れるのはある程度理解できますが、マナーが悪い、呼吸をするかのように日本の(いわれなき)悪評を吹聴する国からの入国を制限出来ないものだろうか?
やっぱりビザを復活させた方が良いのでは?
『隣国』という理由だけでビザなし入国させるのはやっぱり問題が多いと思います。

日本人の悪い癖として「赤信号、皆で渡れば怖くない」があります。
一見して日本人と区別付き難いマナーの悪い彼らが多くなって、普通の日本人もマナーが悪くなってきているのではないかと思います。

今まであまりにも左的に世の中が流れていたと思います。
そろそろその反動が起きそうですね。
むしろ、そのこと(極端な右傾化)の方が怖いです。
やっぱりある程度バランスを撮り続けないとダメですね。
スポンサーサイト



古都にて

近畿
02 /18 2019
撮影時期:2019年2月中旬

紫色というのは高貴な色、と何かで知った。
在京のJリーグのクラブ名もパープルサンガ。
紫ってそんなに良いものだろうか・・・?
バーゲンセールで大売出しされたような紫色に、何も感じないのだが・・・
昔の、クリーム色と緑色のツートンカラーの方が京都らしさがあったと思うのは自分だけ?

P2160062.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

京福電鉄、蚕ノ社駅のすぐ近く。
大宮方面に向かってこの駅からしばらく併用軌道が始まる。
向かって右から来る車は電車が来ようと関係なく直進してくる(電車と撮影位置の間を横切る)ので、通行している車を写さないようにする場合は多少の運がいる。と言っても、数分ですぐに次の列車が来るので、何度も粘れば簡単に撮れるけど。



後記
あえて通過する車を入れて煩雑さを出してみました。
先にも書いた通り、ここには信号が無いので、大宮方面に向かう車は容赦なく通過して行きます(電車が来ても、並走できるため)。
目立たない色の車で良かったけど、電車より目立つ色の車だとそっちの方に目が行っちゃうからねぇ・・・

最近になってようやく気付いたが、フォーサーズレンズを使っていると連写スピードが落ちるんですね。
何となく、連写スピードがカタログ通りの場合と、明らかに遅い場合があったのは気付いていたけど (´∀`*;)ゞ
そうか、レンズ(フォーサーズ用かマイクロフォーサーズ用の違い)で差が出ていたのか。

もうすぐE-M1Xなる新機種が出るようですが、どうしましょう・・・?
AFの使い勝手が良くなっているのであれば買いたいかも。
でも、冷静に考えると、D850とほぼ同じ価格なんですよね。
用途が全然違うから同列に考えられないけど。
悩んでいる間が一番シアワセなので、もうしばらく悩んでおくか。

桜のトンネルは昔の話

近畿
04 /04 2018
撮影時期:2018年4月上旬

久々に訪れましたが、撮影場所が凄く少なくなってました・・・
というか、以前があまりにも自由に行動出来過ぎでした(笑)
そりゃ、近所の人も迷惑だろう。
それに加えて、日本語が通じないのを良い事に好き放題やってる人達もわんさか来てるし(笑)
踏切内をウェディングドレス着て撮影しまくってましたよヽ(´∀`)ノ
もう、呆れるのを通り越して、「この世から消えろ!」と念じてしまいました(笑)

DSC_2621.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所

京福電鉄、鳴滝駅と宇多野駅間にあるお立ち台(北側)から。
南側、北側ともにほぼ同じ位置にお立ち台がありますが、行き来するにはちょっと遠回りする必要があります。


南側のお立ち台から撮影する場合、架線柱が手前になるため構図を工夫する必要がありそうです。
DSC_2425.jpg
撮影データ
カメラ、レンズ:同上

撮影場所


他にもいくつかありますが、以前撮影できた真正面からの構図は撮れなくなっております。



今回の撮影中も、桜の枝を折る人、踏切から線路内に入って自撮りする人、いろんな人を見かけました・・・
実は撮り鉄よりにわかカメラマン?の方がマナーが悪い事をもっと多くの人に知って貰いたいです・・・
まぁ、ビックリするような撮り鉄が居る事も否定はしませんが。

古都の夏

近畿
09 /01 2016
撮影時期:2013年7月中旬

京都の夏は半端なく暑い。
温度計では示されない暑さだ。

P7126686.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

京福電鉄嵐山本線の車折神社駅前から撮影。
神社の前に駅があるので、動くのが苦手な人でも難なく訪れることが出来ると思う。
駐車場はどこかにあるのかもしれないが、どうせなら電車で訪れたいところ。


後記
電車はいろんな種類(ラッピング?)があるので、気に入った車両が来るのを待った方が良い。
この時は蚊の来襲から逃れるために長居していない。
もっと粘りたかったんだけどなぁ。
良いタイミングで女の子がチャリで通り掛かったのが救いだった。
虫除けも鉄道撮影には必須ですね。たとえ街中であったとしても、だ。

青空の下、満開の桜の下で

近畿
03 /15 2016
撮影時期:2011年4月中旬

青空と桜、そして電車。

曇り男の自分にはなかなかこの組み合わせに巡り合えない。

P4100942.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

撮影場所

京福電鉄、宇多野-鳴滝の踏切、ではなく、踏切に成り切れなかった場所の近くから撮影。
駐車するところは不明。
せっかくなので鉄道で訪れた方が良いとおもいます。


後記
この日はもともと南禅寺のインクラインを撮影するつもりで、早朝から京都へ向かった。
インクラインを撮影後、琵琶湖疏水沿いを歩いて南禅寺へ。
南禅寺の桜も満開だった。

このまま帰るのは勿体無いと、思い付きで向かったのがこの京福電鉄、鳴滝-宇多野。
有名な撮影地なので人は多いが、撮影場所は数多くあるので散歩しながら楽しめる、良い撮影地帯でした。
電車も10分おきにやってくるので散歩撮り鉄には最高の場所だろうと思う。

そろそろまた行きたいですね。

境内から

近畿
04 /07 2015
撮影時期:2013年7月中旬

文化財の宝庫、京都の街を紫の電車が行く。
P7126787.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

京福電鉄太秦広隆寺降りてすぐの所。
京都、広隆寺の境内から山門の間を通して撮影。
境内なので三脚は使わない方が良い(使えるかどうかは不明)。
この時は観光客(参拝客)が少なかったが、観光客(参拝客)が多い時は邪魔にならないように。
(そうでなくても、最近の撮り鉄への風当たりは厳しいので)
ここは併用軌道なので手前に車が通過する可能性アリ。
その場合は諦めるしかないが、運行間隔は短いので何度でもチャレンジは可能。


後記
そんなに早い電車ではないが、通過は一瞬。
予め近くの太秦広隆寺駅の発車時刻を調べておき、通過1分前辺りからスタンバイ。
すぐ傍でお坊さんが竹箒で掃除されていたのだが、撮影が終わるまで掃除を止めていただいていたようだった。
大変恐縮です・・・
背景の文房具屋が気になるが、まぁ、これもこの時代を写し撮ったと思っておこう。