FC2ブログ

たまには地方の事も思い出してほしい

中国
01 /09 2020
撮影時期:2019年12月初旬

こうして現役で運行されているのを見ると、ごく当たり前の風景に見える。
が、いつ廃線になってもおかしくない現実があるんですよね。
自分の故郷は今も昔も鉄道路線から離れた所にあり、鉄道路線の有り難さがイマイチ実感としてありません。
生活に密着した路線、人がそこで住んでいる限り残してほしいと思うのは、旅行者の勝手な我儘ですよね、やっぱり。

DSC_9299.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所

井原鉄道、川辺宿駅の近くの用水路沿いの農道上から。
高架の下に駐車場あり。
本来なら順光で撮影できるはずだが、撮影場所だけが雲の影に隠れるいつものパターン (っω・`。)
近くに大きなトラス橋があるのでそちらに目を向けてしまいがちだが、意外と電線が邪魔になって思うように撮れず・・・


後記
全線がほぼ高架という、珍しい第3セクター路線。
西日本豪雨(関東の人はもうとっくに忘れている事だろう)の災害で不通になっていましたが、何とか再開。
まだまだ周辺地域の足として活躍しているようです。

災害と言えば、首都圏は本当に弱いよね。
ちょっと雨が降ったり風が吹いただけで大騒ぎ。
(ゴルフ練習場のネットが倒れるとか、何の喜劇かと・・・)
地方ではそれ以上の災害を毎年のように受けているのに、報道されるのは極僅か(されても2、3日で見向きもされなくなる)。

私の出身県が一夜にして丸ごと消滅しても、某動物園のパンダのニュースの後に「続いて、昨夜未明、〇〇県が消滅しました。以上7時のニュースでした」程度で済まされてしまいそう(いや、マジで)。
そろそろ首都圏中心の全国ニュースの偏向を何とかしてほしい。
パンダなら某動物園より和歌山の白浜の方が数十歩先を行っている現実をもっと認識すべき。
スポンサーサイト