田植えの頃の棚田

近畿
04 /23 2017
撮影時期:2013年5月中旬

田植えの頃が一番過ごし易いですね。

P5125571.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

JR湖西線、近江高島と北小松の間、鵜川の超有名撮影地、の琵琶湖側から撮影。
田植えの時期は農作業が忙しい時期でもある。
駐車場所は邪魔にならない、通行の妨げにならない場所に止めておいた方が良い。



後記

棚田には定義があるらしい。
この写真のあたりの田んぼは棚田の定義には当てはまらない。
まぁ、そんなことはどうでも良いのだが、棚田(っぽい田んぼも含む)を撮影するのは、
・上からの俯瞰
・同じ高さからの撮影
・下から見上げる撮影
と、おおまかに三通りある。
上からの俯瞰や下から見上げた撮影は簡単だが、「同じ高さからの撮影」が難しい。
というか、地理的条件が必要となる。
川(谷)を挟んだような地形ならば、反対側から撮影すれば可能であるが、そうでない場合は撮影者が宙に浮かない限り不可能なのである。
今流行り?のドローンを使う手もあるな。
いずれにせよ、棚田を活かした撮影をもっと考えてみたい。
スポンサーサイト

最後の写真

近畿
02 /22 2017
撮影時期:2015年3月初旬

3月と言えばダイヤ改正がある。
新しい列車も登場すれば消える列車もある。

DSC_2365.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:SIGMA 150-600 F5-6.3 DG OS HSM | Sports

撮影場所

湖西線、北小松と近江高島の中間点となる、超有名撮影地、鵜川で撮影。
ガード下等、何箇所か駐車可能な場所はある。
琵琶湖を見下ろせる、山側からの撮影が一般的だが、下からの撮影も出来なくはない。


後記
実はこれが最後のトワイライトエクスプレスの写真となった。
少し前に大阪行きの同列車を山側から撮影し、その後やってくる札幌行きをココから撮った。
少し前までは背景の雪が残った山が綺麗に見えていたのだが、案の定、列車が来るタイミングで曇るという始末。

今となっては機関車が客車を引っ張る姿を見られるのは、もうほとんど無いですね。
機関車と電源車の轟音が懐かしい・・・

ある夏の日の思い出

信越
08 /02 2016
撮影時期:2014年7月上旬

黄昏時の黄昏特急。

P7012037.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

ホテル・シーポートの客室から撮影。

客室は数多くあるが、運良く良い場所だった。
ロビー(カフェテラス?)からもガラス越しなら撮影は可能だったかも。
宿泊したホテルの客室から撮影したので無条件で撮影出来るわけではない。
客室の窓は全開に出来ない為、撮影時の姿勢は少々苦しい状況になるかも。

当ブログ開設当初に掲載した写真のホワイトバランスを調整した写真です。


後記
当初の予定では米山駅を俯瞰できる展望広場(駐車場あり)から撮影する予定だった。
撮影前にホテルに荷物を降ろして客室の窓から外を見てみると!
せっかくなら宿泊しないと撮れない写真を撮ってやろうと、ココに決定。

駅周辺がちょっとゴチャ付いてしまってるのがちょっと残念・・・
でも、これはコレでいい思い出になったかも。

ある年の田植えの頃

近畿
04 /14 2016
撮影時期:2013年5月中旬

5月の連休辺りから田植えが始まりますね。
もう見られないのかと思うとちょっと残念。

DSC_4778.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

湖西線、近江高島-北小松の鵜川地区の農道から撮影。
有名な撮影地なので今更説明は不要でしょうか。
田植え時期は農作業の邪魔になりかねないので、自家用車で訪れた場合の駐車場所は注意した方が良いと思います。
近くにコンビニがあるのですが、この辺り唯一となる為、利用者が大変多いです。
飲食物の調達には大変便利ですが、マナー良く利用したいところですね。



後記
まだフィーバーになる前に撮影しに行った。
というか、引退することをあまり意識していた時期ではなかったと記憶している。

ちょっと失敗だったのが、青空を活かそうとPLフィルターを使った事。
基本的に鉄道写真ではPLフィルター、要らんね。
金属特有の輝きが消えちゃいますわ。
普段、風景写真撮っている場合は要注意ですね。
PLフィルター付けっ放しではなく、必要に応じてフィルター交換すべし!

かつての日常

近畿
09 /19 2015
撮影時期:2013年5月中旬

何の変哲も無い平日。
もちろん今も続いている。
そんな中、目新しいものもあれば、もうお目にかからないものもある。
典型的な懐古主義者になっちゃったな・・・

P5155657.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所
大阪駅構内


後記
既にこの頃には引退の話は出ていたと思う。
なんとなくこの日に限って撮影に行った。
いつもどおり出社し、途中退出、昼休みに戻るという、なんとも好き勝手な行動で(いちおう午前休扱いにしていたが)。
そんな行動を起こさせるような事は今後もうないのかなぁ・・・

業務外で平日昼間の都会の駅に行くと、何だか独特の雰囲気を感じるのはなんでだろう?
なんとなく疎外感があるというか、何と言うか。

そう、自分以外はNPCだと感じてるんだよな。
人はいっぱいいるはずなのに孤独感を感じる。
寂しい思いをする孤独感ではなく、漠然とした孤独感と言おうか。

田舎も良いけど、都会も独特の雰囲気があって良いよね。

札幌行きの寝台列車

近畿
04 /20 2015
撮影時期:2014年5月初旬

電気機関車と電源車。
独特の走行音を轟かせて駆け抜けてました。
P5041712.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

湖西線近江高島駅より徒歩数分ほどの場所。
この撮影地、乙女が池を背景にするのが定番です。
が、湖西線で敦賀方面行き列車を水田手前に撮影できる数少ない場所のひとつ。
駐車は近くの乙女が池か近江高島駅、もしくは邪魔にならないように農道脇の空き地で。


後記
編成写真を狙いに来たのだが、農作業小屋があったのは想定外だった。
あれ~?こんな小屋あったっけ?
自分の都合の良いように記憶されている、良い例ですねwww