大阪環状線、寸景

近畿
03 /08 2017
撮影時期:2017年2月下旬

まだまだ街の中には昭和のモノが多い。
モノによってはもっと前からか?
何年、あるいは、何十年経てば平成以降のものに置き換わるんだろうね。

DSC_8963.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所

JR大阪環状線、大正駅から歩いて5分ほど。
バス停の近くから撮影。
内回りは先に近くの川を渡るのでタイミングを計りやすいが、外回りは反射神経との勝負。
駐車場は川沿いにある。



後記
木津川を渡る列車にばかり気を取られていたが、実はここからも立体交差を通過する列車を狙える。
橋の対岸側から狙えば、南海電車も狙える。
どちらも反射神経との勝負(環状線内回りは予め分かるので余裕だが)。

ビルや道路は新しくなったりするけど、橋は意外と長年使われるんだよね。
年代モノと思われる橋がいくつも見つけられるのが大阪の面白いところだと思う。
ちなみにこの橋(大浪橋)は開通が昭和12年だとか。
戦前からあるのかよ・・・!
調べてみると結構面白いな。
スポンサーサイト