炎天下のしらさぎ

近畿
01 /05 2015
撮影時期:2013年7月上旬


陽炎揺らめく線路上に現れたしらさぎ号を超望遠で狙う。
P7076621.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:NIKON Ai AF Nikkor ED300mm F4S(IF)

撮影場所

小川沿いから撮影。
小さいながらも土手のようになっているため、撮影しやすい。
上下線ともに狙えるが、しらさぎの非貫通型先頭車両は敦賀方面が基本。
国道がこの小川を渡る辺りで路側帯が広くなっている為、1、2台なら路側帯に駐車可能。



後記
300mmレンズをフォーサーズで撮影。
フルサイズ換算600mmはやはり圧巻だ。
背景がもっとすっきりしていれば良かったんだけどな。
もっと背景に気を遣うようにしようか。

寒い時期だからこそ、見てるだけで汗が出るような写真を探してみた。
なかなかコレ、という写真は見つかりませんね。
普段からもっと色々と撮っておかないと。
スポンサーサイト

しらさぎ1号

近畿
01 /04 2015
撮影時期:2014年12月下旬


東の空は雪雲に覆われて、空全体がピンク色に染まったような、冬らしい空。
車窓から見える、そんな空を見ながら旅をしてみたいな。
PC301794.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

以前にも紹介した余呉カーブ。
駐車する場所はないので余呉湖の駐車場か余呉駅に駐車し、健康の為にも歩こう。



後記
実はこの日は雨だった。
道路にも積雪は無く、辛うじて田圃に雪が残っている程度。

が、1月に入ってからの積雪によって、たった1日で1メートルを越す積雪に!
1メートルってどんなんだよwww
年末に撮っておいて良かった。

予想では8両編成(5+3)で来ると思っていたが、実際に来たのは11両(5+3+3)!
ギリギリだった。
当初はもう少し左にふって広角で迫力を増す狙いだったのだが、急遽右にふって何とか全車両納めることに成功。
おかげで何の変哲も無い写真になってしまったけど、切れてしまうよりマシか。

雪の中のしらさぎ

近畿
12 /18 2014
撮影時期:2013年2月中旬


寒い日は動き辛い。
雪が降った日なんて尚更。
でも、撮りに行ってしまうんだな。
P2113905.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

踏切の傍から撮影。
言うまでも無いが踏切の警報音がなるまで車内で待機。


後記
余呉カーブで撮影するつもりだったが、予想以上の積雪で諦めた。
兵(つわもの)なら自分で道を切り開いて(踏み開いて)撮影に行って欲しい。
俺には無理だった・・・
冬は出不精になりがちだが、夏の時期に涼しく感じる写真が欲しい為に頑張って出て行くことにしている。
何事もコツコツやるのが肝ですな。

伊吹山を背景に、冬

近畿
11 /05 2014
撮影時期:2013年12月下旬


そろそろ冬の準備を始めましょうか。
DSC_6796.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所

湖周道路(県道2号線)から少し入った農道上から撮影。
この時期は農道はほとんど使われる事はないと思われるので駐車場所は気にする必要はないが、可能な限り邪魔にならない程度の場所に駐車した方が良いと思われます。
農道はほんとど使われない故に、除雪は全くされていませんwwww(15cm近く積もってます)
最低でもスタッドレス、出来ればチェーンが欲しいところです。
なお、湖周道路は除雪されている(交通量が多いので勝手に解けている?)ので問題ありません。が、スタッドレスはほぼ必須。


後記
2013年末に余呉方面へ撮影に行く途中で撮影。
出来ればもう少し伊吹山がはっきり見えていれば良かったのですが、いつものことですwww

秋色に染まる少し前、北陸本線

近畿
09 /05 2014
撮影時期:2013年11月下旬


この頃、湖北地方の山はまだ紅葉を向かえていなかったようだが、平地はもうすっかり秋の雰囲気だった。
秋らしい、ちょっと寒そうでもあり、清々しい空気だった。
PB248553.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

県道33号線から川沿いに舗装された道を進むと踏切がある。
その踏切を渡らず、線路沿いに川と反対側の農道(空き地?)を進んだところが撮影地。
特別列車などが通る際は、相当な人数が集まると聞いている。
近くに駐車するような場所はないので、余呉駅か、余呉湖周辺の駐車場から歩く事になる。
健康のために歩こう。



背後の山が僅かに色付き始めた。
自分にとっては春より秋の方が撮影が難しい(タイミングが掴み辛い)と感じる。
PB240486.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 150mmF2.0

撮影場所

県道33号線から踏切を渡った後、すぐに右手側の線路沿いの舗装された農道に入ったところが撮影地。
近くの余呉湖に駐車場がある。
冬の積雪時に同じ場所から撮影しようと試みたが、雪で農道が埋もれていた。
それなりの重装備&除雪装備をしないと積雪時は同じ場所からの撮影が困難だろう。


後記
E-M1を購入してしばらく、E-5と両方を携えながら撮っていた頃の写真。
E-3はE-5購入時に手放したが、E-5はまだ手元に置いてある(たまに使ってもいる)。
今、この記事を書いている自分にとっては、春より秋の方が好きなようだ。
これから秋。
もっと多くの秋色写真を集めるために、撮影に出掛けないと。

東海道本線の迂回線

中部
08 /10 2014
撮影時期:2013年8月


大垣-関ヶ原間の東海道本線下り線。
上下線で大きく分かれる不思議な区間。
P8107143.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD

撮影場所

県道257号線から岩手小学校の前を通り、踏切を一旦渡った後、狭い道を進む必要があります。
山の中に入る道があるのでそこを進むと墓地があります。
さらに先へ進むと跨線橋があるのでその上が撮影地となります。
近くに駐車出来るような場所はないです。健康のためにも歩きましょう。
正確な場所は航空写真地図で見たほうが見つけやすいです。
特急しらさぎの非貫通先頭車はこの区間では後尾になってしまうのでイマイチ・・・
貨物など機関車が先頭となる列車を狙ったほうが良さそうです。


山中の単線を駆け抜ける特急しらさぎ。
DSC_6064.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所
上と同じ

この路線、調べてみると結構面白いですね。