FC2ブログ

爽やかな秋晴れの下

北海道
11 /07 2019
撮影時期:2019年10月下旬

風の強い晴れた朝。
遠方まで見渡せる、清々しい眺めでした。

DSC_7610.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

大きな目立つ橋が白鳥大橋。
夜景も綺麗そうですね。



DSC_7623.jpg
撮影データ:同上

左側の山頂の白い建物がウィンザーホテル。右の山が有珠山。
ここからでも見えるんですね~



DSC_7645.jpg
撮影データ:同上

撮影場所

地球岬へと続く道路の途中から撮影。
道路幅は結構狭い。
駐車場所はこの撮影地より地球岬側へ数十メートル離れた、道幅が広くなっている所。
通行量は少ないが、まったく無いわけではない。
一か所から色んな構図を狙えるので良い場所なんですが、やっぱり駐車場所がネックかも。
徒歩で訪れる場合は、結構な登り坂を上がる必要があります。



後記
本当は精錬所?構内の複雑な線路を撮りたかったのですが、なかなか良いアングルが見つけられず、最終的にここでJRを撮影することで妥協することになりました。
構内でコークス?を運搬する貨物はまだ稼働しているようなので、次はそっちを狙ってみたいですね。

たしか、ここは現役最後のSLが活躍していた場所だったと記憶しています(観光や動態保存などを除く)。
さすがにもうSLはありませんでしたが、DLが代わりに活躍しているみたいです(遠くから見ただけですが)。
構内で鉄道が使われている所って、もうかなり減ってきていると思います。
完全になくなる前に見ておきたいですよね。
スポンサーサイト



失敗も成功のためには必要なもの?

北海道
11 /05 2019
撮影時期:2019年10月下旬

たまには失敗作でも…

PA200224.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1X
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

撮影場所

有名撮影地、エントモ岬の反対側のアルトリ岬から撮影。
高さが足りないな・・・
近くの民宿?ペンション?の裏に回って高い位置から狙えばちょっとはマシだったかも。

引いた写真だと、こんな感じ。
DSC_7743.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所:同上
この写真のようにエントモ岬のトンネル手前の所を通過時に狙った方が良いのかもしれない。
エントモ岬側から撮影する場合は逆で、カーブに差し掛かる辺りがベストになる。

まさか、手前にこんなに高低差のある地形があったとは・・・
ビニールハウスは以前からあったので知ってはいたが、それどころじゃないな。

良い狙いだと思ったんだけどなぁ~
実際に現場に行ってみて、初めて分かることがある。
というか、その方が多い。
GoogleMap先生も万能ではない。

ちなみに、下の地図の場所からも狙おうと思って車を走らせた。

防波堤まで行けるかなぁ~?
釣りしてる人がいたら行けるかな~?
なんて期待して行ってみると、それ以前にここへと続く道がゲートで阻まれ、一般通行禁止だった・・・
水たまりや生い茂る草を押しのけてレンタカーを汚しながら近寄ったのに・・・

通行禁止や立入禁止を無視してまで撮影しようとは思わない。
でも、ちょっとばかりの無理(レンタカーが汚れる、長時間の徒歩、山・藪歩き等)は覚悟しないとな。

たまには失敗作も良いでしょう。
でも、出来たらリスクは少ない方が良い。

秋の早朝は既に寒い

北海道
11 /04 2019
撮影時期:2019年10月下旬

朝6時。
宿を出た時、濃霧だった。
これはまずい、と思っていたが、海側に出ると嘘のような秋晴れ。
それでもやっぱり寒かった・・・

PA222195.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1X
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO + M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20

撮影場所
JR室蘭本線、北舟岡駅。
跨線橋から撮影。
フェンスがあるが、換算1,200mmの前では無力。
通常の望遠レンズで狙う場合は、階段部分から斜めに狙った方が良い。



後記
フィルターはもちろん、デジタル処理(ホワイトバランスの調整くらいはやってますが)は行っていません。
フェンスがクロスフィルター代わりになってくれました。
手振れ補正が強力とは言え、しっかりと構えていないとさすがにブレます。
あとはインテリジェントなんちゃらを信じて待つのみ。
こんな場面だと、普通にC-AFでも十分だと思いますけどね

S字になってくれないS字カーブ

北海道
10 /23 2019
撮影時期:2019年10月下旬

久々に訪れました。
紅葉が美しいこの季節、待っている間も良い気分になれます。
DSC_8152.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所

宇宙軒Sカーブでお馴染みの超有名お立ち台。
国道から宇宙軒ラーメンのある交差点から脇道に入り、踏切を渡ってすぐに左折。
未舗装の農道を進み、さらに左に曲がって上り坂を進んだところで駐車可能。
獣道のような所を5メートルほど進むとお立ち台。
未舗装の農道を乗用車で何も考えずに進むと、何か所かで底を岩で擦ってしまいます。
岩が飛び出ているのは目視できるので、注意して轍から外れて進むとOk。
最後の上り坂も最初と最後に岩で底を擦ってしまう箇所があるので注意。
草で見え難いので要注意。



後記
かつては撮り鉄で賑わっていた超有名お立ち台も、今は・・・
草や笹が覆い始めており、撮影場所はかなり限られてきています。
それでもまだ訪れる方がいるためか、そこまでの獣道はまだしっかりあるし、草も生えていない所もそれなりに残ってます。

それにしても、寝台列車が引退する間際には数十人も集まっていたとは思えないほど静かなお立ち台になってしまってました。
せっかくのS字カーブも8両編成程度ではS字になってくれません。
新幹線が札幌まで延伸してしまうと、特急列車もなくなるだろうからもっと寂しくなるんだろうなぁ・・・

かつての撮影地を廻る旅、なかなか楽しかったです。

たまにはお猿さんも

動物撮影記
10 /14 2019
撮影時期:2018年8月中旬

動物の写真、あまり上げてなかったことに気付いたのでボチボチ投稿しようと思います。

DSC_8100.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

撮影場所
長野県山ノ内町、地獄谷野猿公苑

台風19号の被害、凄い事になってますね。
超大型台風ということで警戒はしていただろうけど、予想を上回るというか・・・
科学技術が発達した令和の時代でも、人間の力はまだまだなのかも知れません。

お猿さんって実は身近な野生動物なんですよね。
撮り鉄で山に入ることが多い人なら出会うことも多いのじゃないでしょうか。
湖西線撮影時は高確率で出会います。
関西本線でも時々見かけます。
それだけポピュラーな動物なんだけど、じっくりと観察することは無いし、それが目的で山に向かうこともほとんどないです。

温泉に浸かるお猿さんとして有名な地獄谷温泉ですが、冬だけでなく夏も楽しめます。
私としては冬より夏の方が好きかな~

名称はカッコいい、だが

雑記
09 /29 2019
週末に限って天気が悪くなる。
そんな今週。
何故か天気予報は当たらず、良い天気。

SDIM1657.jpg
撮影データ
カメラ:SIGMA DP2s

撮影時期:2019年9月下旬
撮影場所:大阪市此花区、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

スマフォでも同じような写真撮れるはずだけど、コンパクトカメラ持ってる方がモチベーションは高くなる。

それにしても、天気予報。
令和の時代になっても翌日の天気も当てられないんだね ヽ(´∀`)ノ
天気予報士だとか、偉そうな名前の資格まであるのに、いったい何のためなんだか。
ウンチクはもういい。
翌日の天気を当ててくれ。
ただそれだけだ。