FC2ブログ

Latest Entries

平成最後の正月

撮影時期:2019年1月初旬

もう30年か・・・
まさか元号を2回も跨ぐとは思ってなかったわ。

P1030846.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-5
レンズ:OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5 SWD

撮影場所

ローカル本線、柏原駅近く。
柏原中学校の裏の農道から撮影。
中学校裏の道は狭い上に意外と交通量はそこそこあるので、路上駐車は出来ない。
近くの川の土手に駐車可能。
撮影場所の農道は一般車乗り入れ禁止なので、基本的には駐車しない方が良い(してる人いますが)。



後記

平成最後の年はここから始めました。
困ったらいつもココです。
今年は都合の良い事に伊吹山に積雪があり、撮影地の積雪は前日の雨で解けて無くなってくれてました。
歳がばれちゃいますが、昭和の大喪の儀からもう30年経ったんですね・・・
昭和64年は幻の年になりましたが、平成31年は4ヶ月間あるので最後の平成を感じながら過ごしたいですね(何をどう感じるのか分かりませんが)。
スポンサーサイト

撮らせて貰った恩返しはどうすれば良いのだろう?

撮影時期:2018年12月下旬

人との共存。
いつまでもこの関係が続けられれば良いのですが、いつか、やって来なくなる日が来るのかな・・・?

PC220193 (2)
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

撮影場所
鹿児島県出水市

基本的にここのブログの写真はノートリミング。
トリミングしている時はその旨記載してます。

サギよりちょっと大きいくらいのサイズなので、ノートリミングで撮影するにはギリギリの距離。
これ以上近過ぎると逃げてしまうし、離れ過ぎてると・・・
換算600mmがちょうど良い感じなのかもしれません。

いっぱい集まっている所にはいっぱいいるんだけど、そこには近付けない(保護のためにシートで遮られている為)。
PC220030 (2)
撮影データ、場所:同上(ツル観察センター、屋上)

大きく撮るには、ちょっと離れた所で屯している小集団を見つけて撮影するしかない。
コレが結構難しい・・・

人間との関係性を撮ろうとなると、もっと難易度が・・・
一回行っただけではやっぱりダメですね。
2、3回は通わないと。

雨降る直前

撮影時期:2018年12月下旬

雨が降る直前。
さすがは九州、雪は全く想像しない。
でも、降る時には降るんだろうなぁ・・・

PC230756.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

撮影場所

肥薩オレンジ鉄道、西方駅の近く。
国道から離れて細い道へ入って行った所。
結構有名な撮影地なので説明は不要ですかね。
ぼちぼちと路上駐車している車もあるので、うまく重ならないように駐車しないとえらいことに・・・
草むらに車半分ほど退避できる所があるのでそこをうまく使えば駐車可能か。
近くに踏切があるので列車接近時はすぐに分かるので、便利。



後記
あまり下調べせずに訪れたので、有名どころを抑えるのだけで精一杯だった。
本当は海が見える構図の方が良いんだろうけど、そっちは盛大に失敗ヽ(´∀`)ノ
どっちにしても天気は最悪だったので、どうにもならんけどね。

知らない土地で自分らしさの写真を撮るのは本当に難しい。
よく知った地元でも自分らしさを出す鉄道写真を撮るのは難しいしね。
鉄板と呼べるような写真を撮るか、あえて外して自分らしさを狙った写真を撮るか。
結構悩みますね。
後者はハズレの可能性が常に付きまとうので、リスクが高い。
でも、前者の写真だと、誰が撮っても同じ写真。
みんなと同じ写真撮ってどうすんの?って疑問も常に付きまとう。

鉄道写真、実は奥が深い・・・

日が沈む頃

撮影時期:2018年12月下旬

いつかは訪れてみたいと思っていた出水市の干拓地へ行ってみました。

PC220418.jpg
撮影データ
カメラ:OLYMPUS E-M1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

撮影場所
鹿児島県出水市

田圃にも普通にいますが、確実に見られるのはやはり観察センター。
芋洗い状態になってツルが群れてます。
ただし、周囲はシートで囲われ、撮影するには観察センターの屋上へ上がる必要があるようで、近くで撮影するのはほぼ無理。
近くで撮影するには普通の田圃にいる個体を狙うしかないようです。

狙いは朝と夕の太陽背景でしたが、とにかく撮影場所を探すのに苦労した。
初めての場所で地理に疎いのが痛かった・・・

70-200も持ってきていたけど、ほとんど役立たず。
この写真は到着したその日の夕方に撮影したが、結局70-200で撮ったツルの写真は20枚もない。

街をあげてツルの保護に取り組んでいるのは良い印象でした。
いつまでも見られると良いですね。

ほんと、どうでも良い事でイライラする自分

写真教室に色々と通って分かった事。

写真のプロには大雑把に2種類存在するという事。
商品写真や依頼されて写真を撮るカメラマンと、自己表現として撮影している写真家。

趣味として写真を撮ってる自分にとっては後者の方が共感を覚える事が多かったな。

Facebookをやっていることは以前にもここで書いたが、そこで見る彼らの違いは更に顕著。
前者はやたらと機材に拘る傾向があるようだ。
もちろん全員が当てはまる事ではないことは最初に断っておく。
とにかく、機材に拘る。
そこからはメーカーに対する媚すら感じられるんだよね。
そんな人達を「先生」と呼んで写真教室で教わるのだが、最初こそ尊敬はしていたが、徐々にその念は薄れ、最近はむしろ蔑む気持ちすら出てくる始末・・・
こんな俺も相当おかしいんだろうけど。

たとえばニコン。
最近はフルサイズミラーレスで持ちきりだが、彼らは何が何でも持ち上げるんだよね。
「見たまんまが写真になる!」
「ファインダー覗いて拡大縮小も思いのまま!ピントばっちし!」

いやいや、そんなの既存のミラーレスからあるから (´・Д・)」
「ソニーのEマウントは失敗やな。ニコンのZマウントは口径が大きいから画質も良い!」
いや、ニコンFマウントはソニーのEマウントより狭いんだけど?
そのくせ、
「Zシリーズ使ってFマウントレンズの良さを再認識しよう!」
あれ?言ってる事矛盾してません?

ニコンからどれだけ貰ってるのか知りませんが、もう滅茶苦茶。

あと、気に障るのが、自分がプロ(JPS会員)である事をとにかく自慢してくる。

アマチュアの俺が本音を言おう。
あんたらの写真、正直言って全然感動しねぇし、上手いとも思えねぇ。
ブログで上げているアマチュアの人の方がよっぽど上手いし、気にもなる。

写真の評価って何なんだろうね。


後者の写真家の先生方はあまり機材は気にしない。
おそらく個人的には気にしてるでしょうけど、すくなくとも押し付けがましい真似はしない。
なにより、自身がプロである事をあまり自慢されない。
機材より写真そのものにコダワリを持っておられることのほうが多い。


あくまでも俺個人の偏見だが、ニコンに前者の人が多く、キヤノンに後者の人が多い感じ。
他のメーカーの先生は知らん。
まぁ、これらの事が俺に対して何らかの不利益をもたらす事ではないのだが、最近は気になって気になって仕方が無い。

更にイラつかせるのが、その取り巻き。
某価格コムにも出没していて、「○○の先生が××と仰ってました!」と情報ツウ気取りで投稿。
ネットへの掲載禁止の撮影会の写真も所構わずアップ。
プロの講師ならこういう行為こそ注意しろよ!と言いたいが、だんまりどころか、「商用でなければOk!」という始末 ヾ(・∀・)ノ
肖像権や主催者との約束事を遵守する精神は存在しないのね。

こんな彼らと知り合いになってしまってちょっと後悔。
否、そういう自分こそ何様なのだと。
SDIM1226.jpg
撮影データ
カメラ:SIGMA DP2s

撮影時期:2018年12月上旬
撮影場所:大阪市生野区鶴橋、鶴橋鮮魚市場


いったん距離を置いたほうが良いかもね。

結論として、写真教室に通っても多少は上手くなるかも知れないけど、やっぱり最後は自分。
独学でも良い写真撮ってる人多いしね。
もともと写真仲間が出来たら良いなぁ、と思って通い始めたのですが、機材自慢の人が多くてちょっと辟易気味。
ちょっと初心に戻ろうか。

秋色の列車

撮影時期:2018年12月初旬

昔は奇抜な色だと思ってたけど、今になってみると何故だか郷愁を感じますね。
画面内に小さく写っていてもすぐに分かる、大変撮りやすいカラーリングです。

DSC_2079.jpg
撮影データ
カメラ:NIKON D700
レンズ:NIKON Ai AF-S Zoom-Nikkor 28-70mm f/2.8D IF-ED

撮影場所
柵原ふれあい鉱山公園付近。
鉄道としての事業はもう終わってますが、保存会の方達による運行が月に一度あるようです。
公園として整備されているので駐車場は十分あるようです。



後記

MKトラベルの撮影ツアーに参加して撮影。
自力で訪れる場合は車必須ですね。
バスに乗っていれば目的地まで連れて行ってくれるので楽チン!
ただし、団体行動となるので好き勝手には撮れない。

往時の運行している姿は見たことありませんが、凄く懐かしい・・・
今でも動いているのは本当に素晴らしいですね~

Appendix

プロフィール

rrr

Author:rrr
関西在住。
独身。
もがきながら這い上がり中の社会人。
嗜み程度のヲタ。
自称28歳(最近は首を傾げられる)、その実アラフォ。
自他共に認めるダメ人間です。

お知らせ

近況
ニート⇒派遣社員⇒正社員⇒もといた会社の正社員へと復帰。
そのうちループするのではないだろうか・・・?

ブログについて
リアル知り合いには秘密のブログです。
おおまかに3種類の記事を投稿しています。

・鉄道写真
主に近畿圏の鉄道写真を撮影機材、撮影場所とともに投稿しています(備忘録を兼ねてます)

・動物・鳥写真
年に数回撮ったものを投稿しています(あまり期待するな)

・女の子
撮影会で撮影した写真を許可を得て投稿しています(あまり期待するな)

・雑記
極めて個人的なことを書き綴っている。人間の嫌な部分が見えてしまうかも(本文と写真は関係が無いことが多い)

写真について
投稿している写真は特に記載がない限りトリミングは行っていません。
使用レンズの焦点距離を参考に。
ここの写真を叩き台にして訪問者様の撮影ライフに良い影響を与えることが出来れば嬉しい限りです。

尚、こんな写真ですが著作権は放棄していません。
万が一使用されたい場合はご連絡ください。
無断使用・転載等は勘弁してください。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

タグリスト

しまかぜ(#1)しらさぎ(#6)大岸(#1)路面電車(#3)嵯峨野観光鉄道(#2)九州横断特急(#2)山陽新幹線(#3)700系(#1)貨物(#24)白老(#1)石山坂本線(#5)土讃線(#2)湖西線(#37)カシオペア(#10)のと鉄道(#1)阪神電鉄(#4)近畿日本鉄道(#3)伊吹山(#6)肥薩オレンジ鉄道(#1)梅田貨物線(#1)京津線(#3)トワイライトエクスプレス(#49)500系(#1)只見線(#2)廃線(#3)あしずり(#1)大阪環状線(#16)釧網本線(#8)くろしお(#3)大井川鉄道(#2)北越急行(#1)静狩(#5)北リアス線(#6)サンダーバード(#6)北近畿タンゴ鉄道(#1)室蘭本線(#61)山陰本線(#2)サンライズ瀬戸(#1)サンライズ出雲(#1)長和(#3)宇宙軒Sカーブ(#13)磐越西線(#1)SL(#9)ラピート(#4)信楽高原鐵道(#13)トロッコ列車(#2)スーパーとかち(#2)函館市電(#1)長良川鉄道(#1)紀勢本線(#5)礼文華カーブ(#2)片上鉄道(#1)ワイドビューひだ(#5)はしだて(#1)東海道新幹線(#1)おおさか東線(#2)高山本線(#5)関西本線(#8)保津峡(#2)北斗(#8)阪和線(#2)サントリーカーブ(#1)根室本線(#4)長野電鉄(#3)北陸本線(#13)五稜郭(#1)東羽衣支線(#1)南今庄(#1)大阪市高速電気軌道(#1)阪堺電軌(#2)大沼(#3)阪急電鉄(#1)しなの(#1)伊予鉄道(#1)スーパー北斗(#8)予讃線(#1)北舟岡(#1)参宮線(#2)乙女が池(#5)播但線(#1)長万部(#1)三陸鉄道(#7)きたぐに(#1)米坂線(#1)新幹線(#2)福知山線(#6)はくたか(#2)近江鉄道(#12)飯山線(#4)雷鳥(#1)江差線(#6)支線(#2)南阿蘇鉄道(#1)俯瞰(#34)余呉カーブ(#2)疋田カーブ(#3)片町線(#1)肥薩線(#1)スーパーおおぞら(#2)南紀(#3)こうのとり(#7)天竜浜名湖鉄道(#1)北斗星(#13)和歌山電鐵(#1)御堂筋線(#1)京阪電気鉄道(#9)吉野線(#1)三岐鉄道北勢線(#1)姫新線(#3)南海電鉄(#5)垂井(#1)ジオラマ撮影(#1)石北本線(#4)北びわこ号(#2)東海道本線(#22)千歳線(#3)中山七里(#1)オホーツク(#2)信越本線(#4)ほくほく線(#2)函館本線(#6)京福電気鉄道(#6)豊肥本線(#2)はるか(#3)樽見鉄道(#2)草津線(#4)叡山電鉄(#2)黄金(#10)関西空港線(#1)北越(#1)冬の湿原号(#4)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ男へ

鉄道コム

鉄道コム

来訪数

2014年8月30日設置